fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第8回「医食同源 -福祉のむらおこしと古民家再生」

04医食同源02樹種鑑定02


薬膳にかんするヒアリング

 6月9日(木)。食品・ガーデニング班の活動は二手に分かれました。2年男子2名は庭園の樹種をしらべ、1年女子2名は「医食同源」経営者のOさん、専属コックのIさんにヒアリングをしたのです。私たちヒアリング組は、薬品に依存せず、食事による療法を行いたいというご意見や体に良い食材・悪い食材などを教えていただきました。
 お話によれば、腎臓病の方々にとって悪いのはタンパク質・カリウムを多く含む食材のようです。タンパク質のなかでは、消化・吸収されやすいグルテリンという物質をとくに避けるべきだそうです。また、カリウム、塩分なども腎臓に負担をかけるということです。だから、患者さんには、生野菜・生果物などを避け、缶詰などを用いた料理を提供しています。しかし、最近では低カリウムのメロンやほうれん草、レタスの開発や、LGCソフトという低グルテリン米の開発が進んできています。
 また、逆に、油(特にエクストラバージンオリーブオイルの様な良質の油)、香辛料、酢などが腎臓に良いそうです。油はカロリーの調節、香辛料などは塩分の調節に有効です。そして食材の旬を大切にし、病院食のような味気ないものではなく、美味しく食べられ、かつバランスのとれた食事を念頭に置かれていらっしゃるようでした。
 さらに、「池田家鳥取藩の薬膳」は有名であり、図書館に詳しい情報が載っている図鑑があるとの助言をいただいたので、次回は図書館へ行き、「池田家鳥取藩」の資料を探そうと考えています。(環境マネジメント学科1年 Q№)

04医食同源02樹種鑑定01

[第8回「医食同源 -福祉のむらおこしと古民家再生」]の続きを読む
  1. 2011/06/13(月) 00:00:14|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本家魯班13世

05 | 2011/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search