FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

TUESカップの顛末(Ⅱ)

02フットサル大会10


チャリティはどこへいったの?

 昼食の席で、フットサル会場に募金箱がみあたらなかったこと、「東日本大震災義援」の垂れ幕もなかったことなどが話題になりました。わたしも、そのことをずっと疑問に思っていましたし、遠くからきていただいた友人・知人から同じことを指摘されたのです。
 TUESカップが3年ぶりに復活したのは、まことに結構なことです。学生たちの労苦は並々ならぬものだったでしょう。しかし、TUESカップがただのフットサル大会なら、わたしたちはこのトーナメントに参加しなかった。「東日本大震災義援」のチャリティ大会であるからこそ、サッカー経験のない学生や、遠い地の友人たちに参加を呼びかけたのです。また、いくつかの飲み屋さんなどをまわってチラシを配りました。一人でも多くの人に会場に来てもらい、一円でも多くの義援金を集めたいと思ったからです。
 しかし、会場に募金箱はみあたらなかった。垂れ幕もなかった。マスコミも来ていなかった。あとで事務局を仕切るガッキーに問うたところ、体育館の奥にある壇上に募金箱をおいているというのです。こんなこと、なんの意味もない。試合を終えたチームのメンバーは募金箱を目にすることもなく、つまり募金することなく、どんどん帰っていくのです。それをみて、わたしは情けなくなってしまいました。

 本来ならば、企画広報課を通して記者クラブにこの大会を宣伝し、できるだけ多くの人に参加・見学していただいて、募金活動に励むべきものです。募金箱は少なくとも10箱は用意しないといけない。大きな募金箱を玄関の目立つところに置き、小さな募金箱はフットサル部員が手にもって、参加者・見学者全員をまわり、100円でも50円でもいいから募金していただくという姿勢が必要でした。そんな動きはまったくない。試合会場に「東日本大震災に支援を!」という横断幕すらない。「一円でも多くの義援金を集めて、被災地を支援ましょう」という挨拶(開会の辞)もない。だれがどうみても(とくに外部から来たお客さまがみれば)、TUESカップを主催するフットサル部の学生の頭から「被災地」が消えているとしか思えない。かれらはただチームを集め、ワールドカップ紛いのトーナメントをやって遊べばよい、自分たちのチームが勝てばよいと思っていたのではないか。義援金は学生とは無縁であり、学内をまわって教師から頂戴すればよいものであって、それがチャリティだと思いこんでいたのではないでしょうか。ここまで書きたくはないのですが、初日の予選リーグをまる一日つきあった感想は、このとおりです。

02フットサル大会11

[TUESカップの顛末(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2011/07/24(日) 00:00:11|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2011/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search