FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ルアンプラバンの夢(Ⅳ)

01バークゥ洞窟01


バークゥ洞窟寺院

 中国の古典に「僚」という古民族名が散見される。いまはニンベンの「僚」を用いるが、史料的にはケモノヘンの「獠」が正しい。中華的世界の人々が蔑視した「南蛮」の一群をなす少数民族で、北京語ではリャオだが、古くはラオと呼んだのであろう。
 ラオなどのタイ系諸民族は、11世紀ころから東南アジア大陸部に南下し拡散していったと言われている。雲南省大理に栄えた南詔国の動きと関連づけて語られることもあるが、南詔国の担い手はチベットビルマ(蔵緬)語族だから、ラオやタイなどとの関係が明白ではないし、時代もやや古すぎる感がある。
 ラオスにおける統一国家の始まりは1353年に建国されたラーンサーン王朝で、その王都がルアンプラバンであった。当時のラオスは強国であり、東北タイから中国雲南省の南辺までも版図に納めていた。こういう歴史的経緯があるので、ガイドのクアントーンさんは「雲南の西双版納(シップソンパンナー)やタイのチェンマイも昔はラオスだったんです」となんどか誇らしげに語った。ちなみに、シップソンパンナーとは、ラオ語で「1万2千枚の田」を意味する。
 国家形成以前のラオスは、ムアンと呼ばれる部族社会が対立する内戦状態にあった。群雄割拠の諸国を統一したファーグム王は、上座部仏教をラーンサーン王国運営の基盤となる手段として導入した。ラオスにおける仏教は、14世紀にスリランカからカンボジアを経由して伝導されたわけだが、導入期はなお内戦が激しい状態にあり、王はメコン川沿いのバークゥ洞窟に僧・経典・仏像などをまとめて隠し保護した。ここにラオス最初の寺院が誕生したわけで、ラオスにおける寺院の起源は「洞窟寺院」だと言うことができる。

01バークゥ洞窟03


01バークゥ洞窟07

[ルアンプラバンの夢(Ⅳ)]の続きを読む
  1. 2011/08/31(水) 00:24:00|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

07 | 2011/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search