FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

済南足球大会(Ⅰ)

日本 3-0 タイ

 ストレスの溜まる前半でしたね。
 解説者はみな気づいていたが、右サイドに大きなスペースができている。あるいは、人があまっている。
 ところが、だれもそこを使わない。ボールのある側だけをみている、という悲しい現実をわたしたちは何度も目にした。
 右サイドのハーフ、つまり高瀬と田中を代えないことには近賀を生かせない。右から展開できない、と思っていたのだが、後半、佐々木監督は宇津木を下げて、同じレフティの宮間を入れた。宇津木は「練習ではいちばん上手いんです」と自ら発言していたが、タイ戦をみる限り、運動量が少なすぎる。もっと前後左右に動いてボールに絡まないとね。ただ、ボールタッチはとてもやわらかいし、センスは感じた。一皮むければ、大化けする選手かもしれない。

 あとは、永里姉でしょうね。姉さんは、2点とれた。宇津木と同じく、練習では抜群の切れがあって、他のフォワードとは一線を画する仕上がりだと監督はコメントしていたが、タイ戦の出来をみる限り、ワールドカップとなんにも変わっていない。姉がベンチに下がった瞬間、2点めが入った。
 身体能力とかコンディションの問題ではなく、運気の流れじゃないでしょうかね。姉ではなく、妹を使ってくれないかな。いちどみてみたい。


0827船漕ぎ01
↑ルアンプラバンでは旧暦10月(今年は新暦の8月28日)に村落対抗のボートレースが開催される。舞台はメコン支流のカン川。上の写真は前日の練習風景です。
[済南足球大会(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2011/09/01(木) 21:00:39|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2011/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search