FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

神倉と冠巌(Ⅰ)

1007神倉神社001


「神倉造」の発見

 7日(金)、三朝町神倉(かんのくら)の山上にある冠巌(かんむりいわ)の発掘調査現場を視察した。

 神倉は三徳山を挟んで、三仏寺の真裏に位置する集落である(標高300m)。「倉」の元字は「坐」であり、神の坐ます領域を意味する。集落の奥まった山麓に神倉神社が鎮座する。まずは本殿を参拝。喩えようのない様式をしている。1間四方の平面本体を切妻造妻入の屋根が覆う、その正面に唐破風の向拝がつく。これが単純な切妻造なら「変形の大社造」という表現も可能であろう。双堂形式の美保神社本殿1棟分が小型化したとみることもできるからだ。春日造に近いともいえる。しかし、春日造の場合、向拝は裳階風であり、唐破風になっていない。となれば、「神倉造」という様式名を与えてもわるくはないかもしれない。繋虹梁と木鼻の絵様が細い。しかも、渦が縦長の形をしている。私見ながら、様式上、18世紀中期以前とみてよいのではないか。棟札資料の存否が気になるところである。

1007神倉神社01


 神社の脇から山を登る。道はあるようで、ない。樹々をロープで繋いでいて、しばらくあがっていくと、踏み分け道に出た。急勾配の道だ。息を切らせながら、20分ばかり歩くと、発掘現場にたどり着いた。「堂屋敷」と呼ばれている狭い加工段である(標高400m)。すでにして、へとへとである。現場は、昨年発掘調査した摩尼寺「奥の院」遺跡のⅠ区によく似ている。この現場の視察計画は9月から立てていて、ミャンマー帰国直後の20日前後を予定していたのだが、おりしも来襲した台風15号の猛威と私自身の体調不良のため断念。この日、ようやく念願が叶った。(続)


1007神倉神社02

[神倉と冠巌(Ⅰ)]の続きを読む
  1. 2011/10/11(火) 00:07:19|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

asa

09 | 2011/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search