FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第3回「猫」プロ

 「猫」プロ研第3回の活動内容は以下の通りです。

1.BSプレミアム第2話「おまえなしでは生きていけない~『ノラや』老いを迎えた作家が猫失踪で知った孤独の物語」を視聴。

2.本日の音楽(中川イサト「クラレンス」=「続き」を参照)を聴きながら、第2話の感想を書く。

3.ブログ(活動記録)分担のジャンケン勝負


第2話の概要 内田 百(うちだ ひゃっけん)
「『ノラや』老いを迎えた作家が猫失踪で知った孤独の物語」

 明治生まれの文筆家、内田百。師匠は夏目漱石で、親友は芥川龍之介。常に借金取りに追われながらも、宮城道雄に箏を習い、沢山の鳥を飼い、用事がなくともただ汽車に乗るためだけに遠出する。自ら望んでいたはずの芸術院会員に推薦されると「イヤダカラ、イヤダ」と断る。来客が苦手なので家の門に「面会謝絶」と掲げ、写真が嫌いなので撮られるときは大抵「への字口」をつくる。万事がこの調子で、自分の流儀を決して崩さなかった百だが、たったひとつ、その心を14年にも渡って大きく揺さぶり続けた存在がある。百66歳の時、家に突然やって来た野良猫の「ノラ」。思うが儘に生きてきた作家が、このノラの失踪によって泣き暮らし、何も手に付かなくなってしまった・・・

第2話の感想
 第2回の物語は猫によって人生が大きく変わった内田百の物語であった。百は頑固者で自分の流儀を決して崩さない少し変わり者であると思った。そんな彼が突然やって来た野良猫の「ノラ」出会い、ノラと毎日を過ごすにつれて穏やかで柔らかい表情に変化しつつあるように感じた。ノラの急な失踪はノラに対して強い愛情を抱いていた百にとってはすごくつらいものだと思った。
 百の「猫は素っ気ないからいい。」という言葉にすごく共感した。猫のいいところは人間に媚びず自分勝手でわがままで、好きなことしかしないところだと思う。(環境政策経営学科 Y.Y)


[第3回「猫」プロ]の続きを読む
  1. 2011/10/14(金) 23:40:57|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

09 | 2011/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search