FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第10回「猫」プロ(その1)

鳥取県と「地域猫」の制度

 12月1日(木)は3班に分かれて活動しました。わたしは、先週から「地域猫」班のリーダーを命じられているので、この班の活動を報告します。

 本日のスケジュール

01 愛猫家インタビュー
 1)データシートNo.1 RBさん宅(ボー、ボビー)
   メンバー:岡田、福山、佐藤 【+教員S】
 2)門脇茶屋喫茶部(ハナ、ブチ)
   メンバー:木島、藤井、米山 【+教員A、タクヲ】

02 「地域猫」に関する鳥取県・鳥取市関係部局の訪問
   メンバー:上村、福田、西村

03 ブログ(活動報告&感想文)担当は各班1名=計3名を決めること


 本日の感想

 今回は「地域猫」と係わる行政部局を訪問し、「地域猫」の問題を掘り下げるという目的をもって、県庁・市役所の担当部局を訪問してきました。
 最初に鳥取市役所の環境下水道部生活環境課を訪問しました。事前の調べで生活環境課では、動物の問題について対応しているとのことでした。しかし市役所では、猫の案件には対応していないとのこと。猫に関する案件は全て鳥取県東部総合事務所にまわしているらしいのです。
 ということなので、鳥取県東部総合事務所に移動し、生活環境局生活安全課を訪ねました。東部総合事務所では「地域猫」に関する情報を聞くことができました。動物・鳥獣係の衛生技師、OMさんに、とても多くのことを教えていただきました。

 まず、猫は犬と違って捕獲に関する法律がなく、市や県の職員が捕獲することができないので、所有者等に猫を連れてきてもらわなければなりません。連れてきてもらうことで、東部総合事務所では野良猫の引き取りが可能になります。しかし、引き取られた野良猫の多くは「殺処分」されるのが現状だそうです。殺処分の対象となるのは愛護動物の犬と猫で、鹿・猪・熊などは鳥獣保護法により対象から外れます。ただし、犬・猫については、飼い主の登録制度があり、飼育を希望する人には譲渡するとのことですが、現実では譲渡制度に登録する人は少なく、結果として、殺処分の対象が多くなっていると聞きました。処分される理由は、野生化した野良猫は人になつかず凶暴になるとか、衰弱した猫は死をまつだけとか・・・
 一定の近隣住民が野良猫を管理する「地域猫」に関する大々的な活動は行われていないようです。野良猫に関する問題については、無責任なエサやりで猫が多く集まり近所から糞尿がまき散らされたり、騒音が発生したり、知らぬ間に敷地内で猫の赤ちゃんが生まれていたり、などの苦情が多々発生するようです。野良猫に関する問題を少なくするために、鳥取県では現在、県全体の猫の総数を減らす活動として、鳥取に猫が入ってくる数を減そうとしているそうです。


1202デブ01

[第10回「猫」プロ(その1)]の続きを読む
  1. 2011/12/04(日) 00:00:12|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

asa

11 | 2011/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search