FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

火の国 ぶらり(Ⅴ)

02阿蘇02全景01


阿蘇の噴煙

 「火の国」紀行の締めくくりは阿蘇がふさわしいであろう。
 寒い一日ではあったが、空は雲一つないほどの晴天で、雪は溶けないまま山肌に貼りついている。
 山上をめざす前に阿蘇神社を訪れた。肥後国一宮である。駐車場のすぐ前に楼門が立っている(↓)。

   「明治初めころの作か・・・」

と瞬時に思った。「日本の三大楼門」というだけのことはあって、高さ18メートルの棟高に驚きはしたが、プロポーションが縦長でいかにも「近代和風」の匂いがしたのである。そもそも、こういう形式の2階建の門を「楼門」とは言わない。楼造の門が楼門であって、阿蘇神社の場合、「二重門」が用語上正しい表現である。多くの大社が本殿を囲む回廊の中心に楼門を配するが、これとて古式の社殿配置ではない。もともと神社本殿を囲む装置は「垣」であり、その正門は「鳥居」であった。それが「回廊」と「楼門」に変化していく背景を仏寺からの影響とみるのは正しくない、とわたしは思っている。天皇の出御する大極殿、あるいは内裏正殿(紫宸殿)を囲む回廊と楼門が神社境内に取り込まれるようになるのだというのがわたしの見方で、平城宮でさんざん復元に係わる仕事をさせていただいたが、宮殿復元のモデルを寺院建築に求めすぎているように思えてならない。現人神である天皇の住まいが、神霊の居処たる神社の空間に投影しつつ変化させてきたのであり、これを反転させるならば、平城宮や平安宮の復元には神社の楼門や拝殿が重要な根拠になるはずだ。ただし、阿蘇神社の場合、宮殿式の楼門ではなく、仏寺式の二重門だということである。

01阿蘇神社01


 案内板をみると、阿蘇神社楼門は明治建築ではなく、嘉永3年(1850)の上棟であった。見立てが間違っているとお叱りを頂戴しても構わないけれども、「幕末~明治初期」という年代相でひと括りにできる時代ではある。拝殿は明治建築で、その奥に3棟の神殿(阿蘇神社では「本殿」とは言わない)が並列する。拝殿の外から神殿を視野におさめることができない。『阿蘇神社』(週間神社紀行特装版)によると、神殿は天保年間の建立という。阿蘇神社の場合、建造物よりも、むしろ稲作に係わる祭事のほうが有名で、1982年、重要無形民俗文化財(芸能) に指定されている。一方、3棟の神殿のほか楼門・御幸門・還御門の建造物6棟が重要文化財に指定されたのは2007年、つい最近のことである。
 驚いたのは、拝殿から神殿に拝礼しても、その方向に阿蘇が存在しないことであった。阿蘇山は遙拝の対象、すなわち、ご神体山ではないことをこの方位性が示している。ただ、山と神社がまったく無関係なわけでもない。楼門の前を左右に通る横参道は全国的にも珍しい形式で、参道の南が阿蘇火口、北が国造神社を指向しているとされる。

01阿蘇神社02

[火の国 ぶらり(Ⅴ)]の続きを読む
  1. 2012/01/03(火) 00:01:48|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search