FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『伊勢神宮』と私(Ⅱ)

 昨日の記事の最後に【続】と書いたことをひどく悔やんでいる。わたしがいまごろ池上・曽根を回顧しても、なんの意味もない。偏見が是正されることもないだろう。
 さて、どうしたものか・・・

 2009年5月31日、わたしは大阪府立弥生文化博物館で「弥生建築の実証的復元 -青谷上寺地遺跡の衝撃-」と題する講演をした。池上・曽根のお膝元であり、館長は金関先生だから、講演に招聘されたこと自体が信じられないので、金関先生に「何かの間違いではないでしょうか」と電話でお訊ねした。先生は「館員の合田が張り切っていますので、どうかよろしく!」とお答えになった。
 わたしは10年ぶりに弥生博を訪れ、130名の聴衆の前で青谷上寺地建築部材の話をした。講演のあとには、合田さん、金関先生、私の3人で座談会もした。客席には杉本先生、石野先生、黒田さん、深澤さんらの壮々たる研究者も陣取っていた。また、池上・曽根復元整備の事務局長を務めていた広瀬さんもいらっしゃって、控え室で談笑した。
 さて、奥付をみると、井上章一さんの『伊勢神宮』の初版発行年月日は2009年5月14日となっている。弥生博講演のわずか2週間前である。金関先生は、電話口で井上さんのインタビューを受けた、とおっしゃった。わたしもまた、だれが教えてくれたのか忘れたけれども、そういう微かな情報を知っていて、「インタビュー記録がすでにどこで活字になっているようですよ」とお伝えすると、先生はご存じなく、驚いておられた。時系列からみて、その「どこか」が『伊勢神宮』であったのは間違いないだろう。

 あの講演を終えて、池上・曽根の問題は過去のことになったと思っていた。講演に招聘してくださった金関先生と合田さんには、いまでも深く感謝している。ただ、講演の前後に、大型建物をみる気にはなれなかった。あの復元建物は、自分が主導したようで、「そうではない」という気持ちもあり、正直なところ、愛着を感じていないのである。

 以下、蛇足であり、信じてもらえない点も多いだろうが・・・こういう評論がでたからには書き残しておくしかないか。 
[『伊勢神宮』と私(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2012/01/21(土) 00:13:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search