FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

律令時代の神社遺跡に関する復元研究(Ⅱ)

0122青木01


青木遺跡復原建物模型のチェック(1)

 桂離宮の近くにある模型会社まで、青木遺跡復原模型のチェックに行ってきた。復元建物は1棟しかできいなかった。青木遺跡神社模型のジオラマ(1/50)では、あわせて10棟の建物を復元したが、青木遺跡の建物は8棟で、残りの2棟は未掘地に想定した高床倉庫である。高床倉庫については、三田谷遺跡9本柱建物遺構の平面を採用した。2棟の高床倉庫は、1棟を通柱式の板倉、他の1棟を板甲倉とした。後者を米倉、前者を絹などの収蔵施設とみなしている。
 青木遺跡のⅠ区とⅣ区を全体的にとらえると、南北方向に流れる水路によって、3つのブロックに分かれている。神殿の可能性をもつ9本柱建物は東のブロックに3棟、西のブロックに2棟あり、中央には東西棟の礎石建物が2棟みつかっている。これらを以下のように分けた。

     西ブロック:  神殿域(美談社?)
     中央ブロック: 事務・倉庫域
     東ブロック:  神殿域(伊努社?)

0122青木02縦 三田谷の9本柱建物は中央ブロックの未掘地にたつ高床倉庫とした。2間×2間の平面を比較すると、青木は平面が正方形もしくは(横長)長方形で、柱間が均一に割り振られているのに対して、三田谷は平面形がややいびつで、柱間に長短の差があることが判明した。心柱の位置に注目すると、青木は平面の中心にあるが、三田谷は中心からかなりずれている。三田谷の場合、正面・側面とも、柱間に長短があり、柱間の短い側に入口があると考えた。


0122青木03

[律令時代の神社遺跡に関する復元研究(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2012/01/25(水) 00:00:52|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2012/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search