FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

むきばん建築クリティーク(Ⅱ)

01妻木山01高床01


高床倉庫の比較

 年度が改まり、初期整備で労苦をともにした文化財の専門家が妻木晩田事務所に復帰し、所長に就任した。文化財関係者が6年ぶりに遺跡の責任者に返り咲いたのだ。目出度い。これで遺跡も真っ当な方向にむかうであろう。この人事異動がなければ、私がセレモニーに参列することはなかったはずだ。
 昨日述べたように、2006年から08年にかけて青谷上寺地遺跡出土建築部材の分析と復元研究に熱中していた。その際、青谷上寺地の部材を使って妻木晩田の大型高床倉庫を2棟復元し、CGで表現している。どうも、このCGが妻木山の復元建物に良くない影響を及ぼした感がある。
 妻木山地区の復元建物では、屋根倉の出来が抜きんでてよろしくない。細い柱の上に大きな屋根をのせていて、全体のバランスが崩れているし(↑)、軒の出が長すぎる(↓)。洞ノ原の初期整備で復元した屋根倉(下2枚の写真)と比べれば明々白々。私たちは、青谷上寺地研究で屋根倉のCGを制作していない。だから、なぜこうなったのか、さっぱり理解できない。

01妻木山01高床02軒


 一方、大型の板倉(次ページ上の写真)については、私たちの復元CGを意識し、それを表現することで良しと判断されたのかもしれない。これも困ったものである。われわれのCGはいわば見栄えの良いエスキスであり、基本設計図でもなければ、実施設計図でもないからだ。なにより重要な作業は、実施設計図に基づく「原寸検査」であり、ここで実物大レベルでの寸法チェックを目を凝らしておこなう必要がある。初期整備の建物はすべて厳しい原寸検査のプロセスを経ており、そこで、軒の出や床高などを細かく調整している。
 妻木山視察後、洞ノ原の初期整備地区を再訪し、ずいぶん気持ちが落ち着いた。何度も述べておくが、洞ノ原の初期整備のほうが遙かに出来がよい。屋根勾配、軒の出、全体のバランス、いずれも秀でている。本来ならば、初期整備建物を叩き台にして、妻木山の整備でより質の高い復元建物を実現しなければならなかった。が、妻木山でレベルは落ちた。レベルが落ちたのは、私が監修しなかったことに一因があろうけれども、昨日も述べたように、なにより「体制」に問題があった。
 復元建物は舐められている。竪穴や高床など、だれにでもできる。そう思いこんでいる人物が少なからずいる。だから、こういうことになってしまうのだ。妻木晩田は、弥生集落整備における「聖地」となるはずだった。妻木山43号という全国に比類なき焼失住居跡があり、加えて青谷上寺地7000点の建築部材研究の成果をバックグラウンドにしつつ、実証性の高い復元をめざし続けていれば、縄文集落遺跡整備における御所野に比肩しうる史跡公園になっただろう。御所野が三内丸山の反面教師であったように、妻木晩田は吉野ヶ里に対するクリティークになりえたのだが、現実には平々凡々たる復元建物が軒を連ねる展示場と化した。吉野ヶ里は安堵していることだろう。


02洞ノ原01高床01
↑↓洞ノ原の屋根倉
02洞ノ原01高床02軒

[むきばん建築クリティーク(Ⅱ)]の続きを読む
  1. 2012/05/04(金) 23:39:57|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

04 | 2012/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search