Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

オランダ(Ⅱ)

 以下は「オランダ」の追記です。

--
 W杯の優勝チームには、世界一にふさわしいスパースターが必ずいるものです。今回の場合、一にメッシ、二にネイマールというところでしょうか。この二人をA++と評価するならば、続くロッベン、ミューラー、ロドリゲスらはA+でしょうね。
 では、メッシは優勝できるのか。よく考えてみると、優勝チームは世界一にふさわしい監督が指揮をとっているものです。この点、4チームを比較すると、どうでしょう。わたしの監督評価は以下のとおりです。

  ブラジル=A+   ドイツ=A   アルゼンチン=A-   オランダ=A+ 

 ネイマールの消えたブラジルのスター選手はA評価として、選手と監督の足し算をしてみましょう。

  ブラジル=AA+  ドイツAA+  アルゼンチンA++A-=AA+  オランダ=A+A+=AA++

 というわけで、私の独断と偏見に満ちた数学によると、準決勝のうちブラジル対ドイツはドロー、アルゼンチン対オランダはオランダの勝利となって、最終的にはオランダが優勝するという結論を導けます。
 南米の地で欧州勢が初めての栄冠を獲得できるのか。ジンクスという風土性は強烈ですが、前回大会で「開催国以外では優勝経験国のみ優勝できる」というジンクスがスペインにより覆されました。ユーロ2012GL3連敗のチームが奇蹟を呼び起こせるか!?



デレク・ベイリーとハン・ベニンク・・・強烈だぁ
  1. 2014/07/08(火) 21:29:25|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2014/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search