Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

游ゴシック

 1年生たちがいま「寅さんの風景」のパワポを必死で作っている。そのイントロを担当した大阪出身の学生はスキルが異常に高く、突出したレベルのスライドを数枚スクリーンに映し出し、わたしたちを驚かせた。しかし、学生からのちに送信されてきたパワポデータをダウンロードし自分のWindows7で開いてみると、文字列に乱れが生じてる。
 少し調べてみると、おそらくフォントに「游ゴシック」という聞いたことのないフォントを使っているからであろうと思うに至る。わたしは游ゴシックを「特殊なフォント」として捉え、「MSPゴシック」に変換してくれないか、とお願いしていたのだが、大阪出身の学生はプライドをもって以下のように返信してきた。 

  まず,游ゴシックは,MSゴシックより美しいフォントです。ただし,この点については個人差
  がありますので,いちがいには言えないでしょう。
  次に,游ゴシックの互換性についてです。Windows8.1以降に関していえば,游ゴシックは
  MSゴシックより優れています。MSゴシックは,“MS”という名の通りMicrosoftにしかあり
  ません。しかし,游ゴシックはMacでも使用できます。游ゴシックというフォントは,Windows8.1
  以降にのみ標準搭載されているフォントです。しかし,Windows7等でインストールされていない
  場合は,Microsoft社よりダウンロードすることができます。
  (こちら→ https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=49116
  したがって,游ゴシックはMSゴシックと同等以上の互換性を有していると言ってもよいでしょう。
  さらに,游ゴシックには複数のウエイトが用意されていますので,太字でも読みやすいです。
  MSゴシックで「B」を押して太字にする方法がありますが,これは擬似ボールドと言って,無理やり
  太くさせているにすぎません。ですから,字がつぶれてしまったりして,到底読みやすいとは言えません。
  スライドでは,游ゴシックやメイリオなど,専用の太字が用意されているフォントを使うべきだと考えます。
  最後に,游ゴシックは等幅フォント,MSPゴシックはプロポーショナルフォントであり,游ゴシックでは
  読みづらいという声もあるかもしれません。しかし,この点は自身でカーニングを行えば解決されます。
  面倒かもしれませんが,游ゴシックを使うことはそれ以上の見返りが得られるでしょう。

 いやはや、畏れ入りました。MS明朝、MSゴシックの時代は終わろうとしてるんですね・・・

スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 14:42:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。