Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

鶴岡雅義 レキント・ギター

鶴岡雅義


鶴岡雅義とアントニオ古賀

 「小樽のひとよ」にすっかりはまって、ついにはカラオケまでやってしまいましてね。これが結構あいそうなんだな。情熱的ではなく、淡々と歌うのがいい・・・あな恥ずかし、じつは「鶴岡雅義 レキント・ギター」なるCDも取り寄せてしまったの。なにせ「小樽のひとよ」のフレーズはずばぬけてますからね。三条正人のボーカルと鶴岡雅義のレキントの組み合わせは無双です。歌謡史に残るイントロ~伴奏~間奏ではないでしょうか。もっと言うと、歌い手を活かすギタリストとしては鶴岡雅義の右にでる人はいないんじゃないか。しかし、ボーカルのないギターだけのCDはイマイチでした。名曲がずらりと並んでいますが、1曲ごとに歌手を変えて伴奏すればおもしろかったのにね。やはりギターは歌伴の楽器なのかな、とつくづく思います。
 ユーチューブに初期の名演が残っていて動画を貼り付けたかったんですが、「リクエストによる埋め込み無効」になっているので、下のサイトに飛んでください。草創期の若々しいロマンチカですね。生バンドの匂いがぷんぷん残っている。

https://www.youtube.com/watch?v=u3KOzcINmUM

 以下は晩年の映像ですが、レキントの音色がおかしいと思いませんか。初期の鶴岡はサムピックと他の4本の指で弦を奏でていた。指が痛くて仕方なかったそうです。結果、晩年は三角ピックで弾いているんですね。やはりナイロン弦にピックはあわない。ミストーンのように聞こえる部分が少なからずあり、残念です。




[鶴岡雅義 レキント・ギター]の続きを読む
  1. 2018/01/31(水) 02:47:25|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2018謹賀新年

1228和平01 1228和平02 1229よえん06
 

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い申し上げます。
 年末年始の上海スナップのうち娘が撮影したものをアップしておきます。
 ご笑覧ください。

平成30年元旦


1229よえん02豫園


1229よえん01上海老飯店(豫園)
 

1229よえん03春風得意楼(豫園)
 

1229よえん04孔雀(新天地)
 

1229よえん05アンダz(新天地)
 

1231六角101ラピスラズリ
 
[2018謹賀新年]の続きを読む
  1. 2018/01/01(月) 23:27:33|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

12 | 2018/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search