FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

鎌倉探検(2)

卡巴姐

 鎌倉にふさわしい中国語はまだないというべきなんですが、検索すると

歌厅俱乐部

 がヒットしました。なんか雰囲気伝わらないなぁ~~

夜总会

 とする翻訳サイトもありますが、これは大げさだ。キャバレーだとどうなんだろう?

歌厅

 だそうです。なるほど、歌厅+俱乐部で鎌倉か。道理がないわけではない。

卡巴萊

 という音訳もあるようです。これを使うと、鎌倉は

卡巴萊俱乐部

 となり、その略称として

卡巴俱乐

 を採用すれば日本語のニュアンスと似てきますね。カラオケが卡拉OKなんだから、鎌倉が卡巴俱乐でよいのではないでしょうか・・・ついでに鎌女はどう呼ぶのか、検索してみると、

陪酒女郎

 がヒットしました。陪酒は「お酌する」、女郎は「女の子」という意味。それにしても女郎は語感がよろしくない。CAは「空中小姐」だから、「小姐」を拝借して「卡巴俱乐」とミックスすると

卡巴俱乐小姐

となり、略して「卡巴姐」で如何?


 我ながら・・・ヒマだねぇ~~ 

  1. 2019/07/31(水) 09:56:34|
  2. 都市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鎌倉探検(1)

 ジョコ対フェデラーのウィンブルドン決勝、畏れ入りました。準決勝のナダル対フェデラー戦はなんとなくフェデラーが勝つ気がして、その通りになり、決勝は微妙だけれども、やはり若い分だけジョコに分があるかな、と思って視ていましたが、まさかあそこまで縺れるとは思いもよらず・・・恥ずかしながら、第5セット10-10あたりで眠りに落ちてしまい、結果は朝になって知った次第です。まさに歴史に残る決勝戦であり、ボルグ対マッケンローの激戦に勝るとも劣らぬ記憶を刻んでくれました。

 さて、全然話は変わります。鳥取の知人から鎌倉に行こうと誘われておりました。鳥取に鎌倉があるなんて知らなかったんですが、店の経営者が本学(公大)の出身者であり、経営の面倒をみているから安くあがる、という有難いお誘いでありました。しかしながら、体力の衰えた今日このごろ、馴染みの店は続々と棚を畳み、弥生町にでかけることもなくなっていて、少々億劫であったのは事実です。そもそも爺二人での鎌倉通いなど品がみっとも恥ずかしく、2週間以上躊躇っていたのですが、ある日、再開したジムで本学出身のエドガー君と再会し、彼と知人も関わりのあることが分かったので、三人で日程を調整し、先週久々の夜遊びをしてきたところです。
 居酒屋で一次会のあと鎌倉に向かいました。店の名は伏せておきますが、不思議なことに、我がボクシング・ジムと同名であります。入口を抜けると、バーテンの如き衣装を纏う細身の若者が2人あらわれ、席に導いてくれました。どうみても大学生なので、質問すると、はいと答える。公大の学生ではありません。

 まもなく、厚化粧の鎌女が3名あらわれ席についてくれました。化粧は厚いが、チラ視で観察するに、やはり大学生としか思えないので、再び質問すると、またはいと答える。左側は土木の4年生、右側は化学の3年生です。「どんな女の娘が好みなんですか?」と一人が問うてくる。打って返しで答えました。

   「アラフォー」

 少々驚いたらしく、困ったような顔に変わりました。

  「だって、そうでしょ。さっきまで3時間以上、君たちと
   同い年の人たちとゼミやってたのよ・・・」

 金髪を巻き毛にして、露出度の高いドレスを身にまとい、ミニスカートの前をハンカチで隠す。全国各地でみてきた風景ではありますが、正直、もうこういうのにクラクラするほど若くはありません。ちなみに、ドレスはセルフで調達するのだそうです。通販で買うと聞いたので調べてみたところ、たしかにアマゾンには2,000円前後でいろんなの売ってますね。

[鎌倉探検(1)]の続きを読む
  1. 2019/07/15(月) 17:13:23|
  2. 都市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search