FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

さよなら、ピンクのNbox

0913Nbox05メーター 0913Nbox00縦


リースの時代

 盆休みの前から車検の準備を進めていていた。いまの車に乗って7年が過ぎ、走行距離は145,000kmに達しようとしている。2年前の車検時には「次回は新車に乗り換える」と豪語していたものの、昨年の不用意な副草履の発言からしても明らかなように、老後の生活費の問題は深刻であり、とてもとても悠々自適と言えるような晩年が送れそうにもない。よって、新車購入は断念し、今回もまた車検に臨むことにした。


0913Nbox01.jpg



 それが急転直下、5年リースで新車に乗り換えることに変わった。決め手は各種の安全装置である。この7年間の技術進化はすさまじく、とりわけ車内外の安全装置の発達は驚異的であり、もともと追加のオプションがあればつけたいと思っていたのだが、旧車への機能配備は不可能ということを知った。そして、リースはメンテ・サービスが行き届いている。1回分の車検だけでなく、タイヤやオイルの交換、カーナビの更新などがすべてリース代金に含まれている。わたしのように長距離運転をするドライバーにとっては、購入よりもリースが適しているという殺し文句も効いた。


0913Nbox03.jpg



30周年記念の愛車

 それにしても、7年間乗った薄紫ピンクのNboxには愛着がある。人生でこれまで乗ってきた車はさほど多くはないが、普通車を含めて最高の車だと確信している。座高がたかくて視野はひろく、座席がひろい。後部座席のひろさは普通車以上であることは間違いない。そして、スピードがあまり出ないことも有難い。いまさら車を飛ばして嬉しくなるような歳ではなく、高速道路では80~90kmの安定走行がいちばんよいのである。左車線をこれぐらいのスピードで運転していれば、あおられる危険性も少ない。というか、まずない。


0913Nbox04.jpg



 なにより想い出深いのは、結婚30周年を記念して買った車だということだ。2012年8月29日、京都国立博物館の「大出雲展」に夫婦ででかけた。その日は記念日であり、夕方、息子が京都駅前までかけつけてくれて3人でお祝いをしたのだが、その翌日=30日に薄紫ピンクのNboxが納車されたのである。だから、いつまでも乗っていたいという気持ちが強かった。しかし、乗り換えるリースの新車もまたNboxであり、月末に納車の予定で、いまは代車をおろおろ運転している。


0913Nbox02.jpg


 じつはブータン出張の出発日(9月4日)、高の原駅前の業者に古いNboxを届けてから近鉄に乗ったので、すでに廃車になっているだろうと諦めていたのだが、まだとっておいてるという連絡があり、昨日、最後の撮影に行ってきた。夫婦一緒にレンズに納まりたかったが、患者はブータンから帰国する前日、散歩中に転倒して自宅療養中であり、ひとりでの記念撮影となった。
 新しい車が届いたら、また報告します。


0913Nbox06sam.jpg 0913Nbox03sam.jpg


  1. 2019/09/14(土) 01:29:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

asa

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search