FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

夜空の星

 3週間ぶりに車でを越えた。河原町の道の駅「清流茶屋」でひと休み。いつものとおり「もりの大盛り」を一枚たいらげ、一束100円の直売野菜を何束か仕入れてすぐに出発する予定であった。
 そこにポスターを発見した。ご覧のとおり。

20070610054801.jpg

  文化財になった伝説のスーパーバンド
   寺内タケシ
  バンド結成45周年
  Terrry & Blue Jeans

とあって、ここまでだと、あぁまぁそうか・・・でとまらないこともないのだが、日時と会場に胸がざわついた。
  日時: 平成19年7月13日(金)p.m.6:30開場 p.m.7:00開演
  会場: 鳥取市河原町中央公民館大講堂

 7月13日は何を隠そう、患者の誕生日なのです。今を去ること4年前だったか、同じ7月13日の夜、わたしたちは童館で日野皓正クインテットの演奏を聴いて、TシャツとCDを買い、楽屋でサインしてもらった。そして、家内が誕生日だと告げると、クインテットのメンバーは「ハッピィ・バースディ」を合唱してくださいましたんです。
 そして何を隠そう、河原町はわたしが生まれ育った故郷なのね。そこの公民館は町役場の隣にあった赤い建物で、記憶のなかに鮮明に刻みこまれているけれども、子どもだったわたしたちが実際に使うことはほとんどなかった(あれは大人の「学校」なんだ)。唯一覚えているのは、「切り絵」にはまっていた叔母が亡くなった後、彼女の遺作展の会場に公民館の一画をお借りしたことぐらいかな。あれは、たしか30代後半のことだった・・・あそこの講堂は狭いよ。ブルージーンズの大音量には小さすぎる。しかししかし、鳥取の市街地ではなく、旧郡部の河原町でコンサートが開かれるなんて、嬉しいじゃないですか。
 で、もり蕎麦を啜りながら、患者に電話してみた。
  「おばあちゃんは用心しないといけないって、いつでも言うけど、K先生は鳥取に行ったって大丈夫だって言ってくださるのよ。だから、渡辺香津美だって行けないことはないと思うんだけど・・・」
  「そうか・・・」
  「あっ、でもね、K先生、病院変わるんだって、・・・わたしショックで・・・」
  「えっ、・・・そりゃ、ショックだな・・・えらいことだ。あんないい先生、なかなかいないもんな・・・」
 
 寺内タケシは懐かしい。わたしは12歳のとき、サッカーとギターを始めた。いずれも6歳年上の兄の影響である。わたしは河原小学校の6年生。兄は鳥取東高校の3年生で、附中からずっとサッカー部に属し、加山雄三が好きで、白いエレキギターをもっていた。この白いソリッド・エレキがわたしとギターとの出会いであった。
 昭和43年(1968)、メキシコ・オリンピックで釜本が得点王になり、日本代表が銅メダルをとった年である。芸能界では加山雄三の全盛期。寺内タケシ&ブルージーンズは、加山雄三のバックバンドを務めていた。東宝映画の『エレキの若大将』にも、寺内はギターの上手い蕎麦屋のあんちゃん役で出演していた。

20070610060626.jpg

 忘れられないのが「夜空の星」という曲。「君といつまでも」のB面だったが、シングルカットしてA面で売れば、ヒット間違いなかったであろうと言われた名曲である。

  ぼくの行くところへ ついておいでよ 夜空には あんなに 星が光る
  どこまでも 二人で 歩いてゆこう 恋人よ その手を 引いてあげよう・・・

 この曲の間奏が凄かったんですよ。寺内タケシのリード・フレーズは、当時としては信じられない速弾きとチョーキングの複合技で、今でもどうやったらああいう風に弾けるのか、わたしには良くわからない。その後、「運命」「未完成」などのクラッシックと「津軽じょんがら節」に代表される許多の日本民謡をインストで聞かせる特異なエレキバンドとして、ブルージーンズは一世を風靡した。
 結局、チケットを1枚だけ買った。全席自由席なので、もう1枚買い足せば二人で行ける。駄目なら一人で行くまでさね・・・


 ところで、8月11日には倉吉に渡辺香津美が来るのですよ、吉田美奈子を連れて。お盆前の微妙な時期だよね・・・
 わたしは提案したい。倉吉市は某委員会を7月に開きたいと言っているが、8月11日にしましょう! この日ならわたしは絶対に倉吉まで足を運びますよ。7月だとあやしいね。出欠回答には「出」に○をつけるかもしれんけど、当日ドロンというこたぁ当然ありえます。
 会議なんて、もうたくさんなんだから・・・



  1. 2007/06/10(日) 05:56:04|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<料理の鉄人 | ホーム | 神は許したまう-欄間の復原(Ⅰ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1003-0023b2de

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search