FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

家具の修復作業スタート!

20070621233201.jpg


 1・2班はしばらくお休みしていた二人が復活して、メンバー勢揃い。全員で屋外作業に移りました。結構、楽しそうです。一方、3・4班は加藤家にあり余っている建具をリサイクルするため、O家住宅まで実測に。いよいよ前期プロジェクトも佳境に入ってきましたね!

楽しかったけど、休憩もほしいなぁ~~~
 今回から実際に家具の修復と製作の作業にはいった。私たちのグループは最初に取り掛かったのがパソコンデスクと本棚の修復。コストをかけたくなかったので、おもに加藤家の修理工事ででた廃材を使うことにした。廃材には傷みがきていたため、まず材をかんなで削る作業からはじっまった。私としては、今まではほとんどが話し合いや発表といったことしかやっていなっかたので、こういった外での作業はとても楽しかった。来週からは仏壇を作る作業なども入ってくるのでたのしみだ。しかし、三時間も作業をするというのは疲れるので、途中に休憩がほしいなぁ~~~~~~~~~。(環境デザイン学科1年 $$)

20070621233227.jpg
↑鉋がけ ↓加藤家欄間の組子制作(今日から彫刻刀を採用!)
20070621233241.jpg


研究発表まであと3回!
今回、久しぶりに復活したものです。気が付けばもう、あと3回で研究発表なんですね。今回は、本棚の補強をする木材を、寸法に合わせて切り、かんながけをしました。そして、次回は、ペンキで色を塗っていきます。汚れてもいい服で行かないと、えらい目に会いそう。(環境政策学科2年 H・I)


O家住宅の実測調査
 市内O家住宅の建具や間取りを実測してきました。空家となっている木造住宅の建具は傷みが激しく、加藤家に保管してある襖などをO家で再活用するための基礎調査にチャレンジしたのです。傷んでいる建具を入れ替えることができるかを調べるため、建具の入っている柱から柱までの間隔、敷居から鴨居までの高さ、鴨居の断面の寸法を実測し、それを図面にしました。また建物の平面図もつくりました。
 画板と方眼用紙、筆記用具、メジャーを渡されて作業を始めたものの、図面を描くのは初めてです。最初はどこをどうやって計るか、どうやって図にしたらいいのかもよく分かりませんでしたが、描いているうちに徐々に慣れて、こつが分かった気がします。次回はもう少し早く描けると思います。(環境政策学科2年 T.Y.)

20070621233148.jpg

  1. 2007/06/21(木) 23:15:00|
  2. リサイクル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<欄間障子の張り替え | ホーム | 青谷元唄貝がら節>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1016-cbfa7da3

asa

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search