FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

隔靴掻痒

 ここ数日、トイレの壁に吊されている4文字熟語は「隔靴掻痒(かっかそうよう)」。革靴の上から足の先の痒いところを掻いても、痒いところに手はとどかない。転じて、ものごとが思うように進まなかったり、肝心のところに触れなかったりしてもどかしいこと。

 山下楽器から受け取った『カルカッシ 25のエチュード』に、ようやく手をつけました。マテオ・カルカッシは19世紀前半に活躍したギタリストで、作品59番と記された『カルカッシ・ギター教則本』とその続編である作品60番『25の練習曲』という二つのエチュードがあまりにも有名です。要するに、ギター版のバイエルですね。 
 50にしてバイエルか。男は辛いね・・・
 25エチュードの№1を開いてみました。もちろんタブ譜なんかついてないですが、弾けますね、これは。弾けば弾くほどシンプルで美しく、短時間で10回ばかり弾いて気をよくしていたんです。それで、№2に進んだんですが、ここでいきなり挫折。トレモロのような運指がでてきて、こりゃ大変だ、どうやって弾くんだろうと譜面をよくみれば、音譜の真上にpimamamaの記号がついている。
 そうか、これが4フィンガーだ。右手の略表記なんですね。もちろんスペイン語のイニシャルです。以下、スペイン語、(英語)、日本語の順に示します。

   p  pulgar(thumb)  親指
   i   indice(index) 人差し指
   m  medio(middle)  中指
   a  anular (ring)  薬指

 №2はpimamamaを繰り返す練習曲なんですが、mamamaの反復がとても辛い。ジャズギターでは4音コードが基本ですから、ふだんから4本の指を使っているつもりなのだけれど、こうして譜面の規則に従って弾いてみると、薬指がほとんど使えないことに気づきます。mamamaを何度も繰り返していると、肘の内側の筋肉が痛くなってくるんです。ふだん使っていない筋肉を使っている証拠ですね。要するに、いつもは3フィンガーが基本で、稀にしか薬指を使っていないんですよ。
 それで、弾けたはずの№1に戻ってみたんです。もちろん右手の記号がついてます。こちらはpamimimiの反復で、pimamamaよりも弾きやすいんですが、やはりうまくいきません。自由に弾けば弾ける曲なのに、右手の「基礎」に倣うとさっぱり動かなくなってしまって、しばし放心状態。ふつう我われの感覚では、4~6弦は親指、1~3弦を残りの3本でカバーするんですが、このエチュードの表記に従うと、4~6弦もpamimimi、すなわち4フィンガーで弾くことになっているんですね。これを克服するには相当の時間が必要です。いや、ショック!
 

 じつは4フィンガーで悩んでいることがもう一つあるんです。それはオープン・トライアドというコードの押さえ方。4音の和音を弾く場合、右手の(人差し指)(中指)(薬指)が3弦連続でくっついていると、押さえやすいでしょ。たとえばAmの場合、ラ(3弦)・ド(2弦)・ミ(1弦)の配列なら誰だって押さえられますよね。こういう配列をクローズド・トライアドというそうです。それがミ(4弦)・ド(3弦)・ラ(1弦)になったら、どうでしょうか。とても押さえにくいでしょ。これがオープン・トライアド。じつはアンドリュー・ヨークの教則本では、このレッスンが真っ先にでてきます。「グリースリーブス」をクローズド・トライアドで演奏するのは簡単なんですが、オープン・トライアドに切り替えた瞬間、一筋縄ではいかなくなります。
 もうひとつ、みなさんにヨークのオリジナル曲からサンプルをお示ししましょう。
 問題はE7というコードです。6弦の4フレット(G♯)、4弦の2フレット(E)、3弦の4フレット(B)、2弦の3フレット(D)を押さえるとE7になりますね。どうですか、きちんと押さえられますか? E7のオープン・トライアドの一つですよ。左手の中指と薬指が痛くなってきませんか。
 では次に、このオープン・トライアドE7の前にG、後にAmをもってきてみてください。GとAmはクローズドでかまいません。それでは、クローズドG→オープンE7→クローズドAmの順にコードを奏でてみてください。どうですか、うまくいきましたか?
 これがスムーズに弾ける方は、わたしより技術がありますね。わたしはうまく弾けない。聡明な読者なら、曲目がすでに頭に浮かんでいらっしゃるでしょうが、その曲ではハイポジションでセーハを使うところは難なく弾けるのに、最後までこのローポジションのオープン・トライアドに悩まされているんです。このあたりは、演奏を聴く側の人には、絶対わかりませんよね。もう数え切れないほど反復練習したのに、まだ完全に弾きこなせないんだから。

 「隔靴掻痒」です。
 できそうで、できない。結局、全然できない。
 じつは、昨日のお昼に報告書の校正が2部届きました。こちらも「隔靴掻痒」。ベトナム出発の前日なのに、「右顧左眄」さんに振り回されています。出発前日に忙しくしていると、いろんな忘れ物をするんです。気をつけないと。
 と言いながら、ゲラを読むわたし・・・

  1. 2007/08/21(火) 00:13:58|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<チャックの青谷問答記(Ⅱ) | ホーム | ブルーゼット>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1087-8f153a82

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search