FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

「知の財産」シンポジウムのお知らせ(第1報)

 今年度<とっとり「知の財産」活用推進事業>に採択された「山陰地域の弥生時代建築に関する実証的復元研究」の一環として、下記のシンポジウムを開催する運びとなりました。まだ細部までは煮詰まっておりませんが、大枠は決定しましたので、ここに第1報をお知らせいたします。


              シンポジウム
      弥生建築の実証的復元はどこまで可能か
       -山陰地域を中心とする事例研究-


11月30日(金)  会場:加藤家住宅 
   13:00  1.趣旨説明  浅川滋男(鳥取環境大学)
   13:10  2.全国の研究動向
         2-1. 箱崎和久(奈良文化財研究所)
           「出土建築部材をめぐる奈文研の共同研究について」(仮題)
         2-2. 高田和徳(御所野縄文博物館長)
           「焼失住居研究の最前線」(仮題)
   14:10   コメント(浅川滋男)&討論

   15:10   Coffee Break

   15:30  3.山陰地方の焼失住居と出土建築部材
         3-1. 馬路晃祥(妻木晩田遺跡事務所)
           「鳥取県の焼失住居 -弥生~古墳時代-」(仮題)
         3-2. 茶谷 満(鳥取県埋蔵文化財センター)
           「青谷上寺地遺跡出土建築部材の整理状況」(仮題)
   16:30    コメント(中川寧/島根県埋蔵文化財センター)&討論

   18:00    懇親会(加藤家住宅)

12月1日(土)   会場:加藤家住宅
   09:30   4.弥生集落遺跡整備と復原建物
           4-1. 飯塚康行(松江市教育委員会文化財課)
             「田和山遺跡の復原建物」(仮題)
           4-2. 川畑和弘(守山市教育委員会文化財保護課)
             「下之郷遺跡の大型掘立柱建物跡」(仮題)
   10:30      コメント(高田和徳)&討論

   11:30      昼食(蕎麦切り「たかや」予定)

   13:00   5.浅川研究室の復原研究 -中間報告-
          5-1. 横田研二「竪穴住居3題」(仮題)
          5-2. 嶋田喜朗「青谷上寺地遺跡出土部材の分析と復原」(仮題)
   14:00     コメント(箱崎和久)&討論

   15:00      閉会挨拶
   15:30      解散



 シンポジウムはクローズド・セッション形式でおこないますが、完全非公開ではありません。参加ご希望の方は、浅川研究室までご連絡ください。



  1. 2007/09/17(月) 00:42:15|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ピングレを求めて | ホーム | チャック&部長@東京インターンシップ(Ⅹ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1131-288acf48

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search