FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

けんびき(Ⅳ)

 鳥取から車を飛ばして帰ってきた二日前の深夜、およそ半年ぶりに「ゆららの湯」に行った。家内の発病後、ゆららに行く回数は激減した。一人で行ってもつまらないし、時間がもったいない。でも、あの夜は、体が大浴場を欲していた。
 ゆららに1時間あまりいて、いつものように、高温サウナや低温(楽塩)サウナになんどか入った。サウナに入っては更衣室に戻り、体を冷やす。そして、鏡をみる。と、少しずつ贅肉がとれていくような錯覚を覚える。実際、1回のゆららで体重は500~700グラム減るのだが、それ以上に感覚として体が軽くなる。肩こりはとれ、頭痛は引いていくのだ。
 ゆららの湯に入って良かった。気持ちいい。帰宅して、家族にそう触れまわり、パソコンの前に坐った。で、ブログを書いたら、体は元に戻ってしまった。頭がぼ~っとして、横になるしかなく、眠りについた。
 昨日も症状は変わらない。血圧の頓服を一錠飲んだ。そのまま休みたいのだが、世の中はそんなに甘くない。昼過ぎにエクスパックでゲラが届いた。昨年度末から取り組んでいる3冊の報告書のうち2冊は校了した。しかし、最後の1冊の校正がどうしても終わらない。
 まるで呪われているかのように、次々と問題が発生する。OK牧場の呪いだ・・・今回もまた数十ヵ所修正した。次回で校了といきたいところだが、この状況では無理だろう。
 新しいワゴンRが届いたものだから、試乗を兼ねて郵便局まで校正を投函しに行った。この往復だけで十分疲れた。できれば、かつてのように、夕方のグラウンドでボールを蹴ったり、家内の散歩に付き合ったりしたいのだが、そういう気力も湧かないし、ゆららに行くのも億劫で、ただ家でぐったりしていた。
 「けんびき」なんだ、と思う。なぜならば、いくらでも眠れるから。「けんびき」の「けん」とは、たぶん「筋」のことだろう。「けんびき」とは「けんをひく」の名詞形かな? 体中の筋が硬直化して突っ張っている状態をさすのではないか。自分の体の状態からそう思うのだ。この凝り固まった「筋」がほぐれない限り、体は元に戻らない。元に戻すには眠るしかない。「睡眠」がなにより特効薬だ。体を休めなければいけない。
 しかししかし、・・・じつは、ある原稿に追われている。締切は今月の5日であった。7月末だったか8月初に依頼されて、〆切が9月5日なのである。そして、2回めのボーダーラインが今日だというお達しを頂戴したのだが、体がついていかない。原稿をたくさん速く書くだけが取り柄の男だったのに、なんたる為体。これではOK牧場と同じではないか。いや、やはりOK牧場の呪縛かもしれない。


 
  1. 2007/09/25(火) 00:01:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<呪われた夜 | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1139-158aad42

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search