FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ギターのない夜

 ようやく学祭の案内が携帯メールに届いた。

  「本番まで1週間を切りました。そこで各イベントの詳細(時間の確認・進行・
   内容など)を説明したいとおもいます。」

 わたしはもちろんソロなのだが、実行委員会の区分けでは「バンド」という範疇になっていて、打ち合わせの日時は10月1日(月)17:00~17:20と指示されている。
 駄目だぁ・・・そのころは鳥取に向かって移動中ではないだろうか。で、まだどういう会場で演るのか、一人あたりの持ち時間はどれくらいなのか、知らされていない。
 ハルさんによると、「バンド」は予選と本選の2段階あって、予選で好評を博した演者だけが本戦に進めるとのこと。しかも、困ったことに、予選が室内で、本戦は野外のメイン・ステージだというのです。ところが、チャックだったか、エアポートだったか忘れたけれども、両方野外だというヤツもいるんだな。なにぶん第3回練習会では、野外であったのにアンプラグドでギター弾いて失敗したから、今回はラインを使おうと決めているんだけど、室内の予選が教室ならアンプラグでも構わないんですよね。
 というわけで、今でもどのギターで臨むか悩んでいるんです。ライン付きならエレガットしかなく、ライン無しならフォークギターにしたい。ところがエレガットとフォークではネックの太さがまったく違うので、運指に影響がでるんですね。もう使うギターを決めてかからないといけない。困ってしまったわたしは決断しました。奈良においているHeadway(フォークギター)にプラグをつけることにしたんです。いまHeadwayを買った天理楽器が突貫工事をしてるところ。Headwayは小さいけれども、とても良く鳴るギターなので、工事さえ終われば、ラインの有無に拘わらず本番で使えるでしょう・・・??
 おかげで、昨夜からギターがないのね。淋しい。1家に1台じゃなくて、わたしの場合、1部屋に1台の人だから、いつでも弦がつまびけるはずなんですが、2日間もギターがないんです。ほんとせつない。せっかくヨークの別の作品を練習し始めたところだったのに・・・喜んでいるのは患者です。いつも夜になると、
  「はい、もう弦緩めようね!」
なんちゃって、最近はわたしに黙って勝手に弦を緩めてしまうんですから。でも、こうしておくほうがギターのメンテにはいいんですけどね。

 京都で結婚祝賀会があるので、代わりに次女が天理楽器までHeadwayを取りにいってくれるはずなんだけど、ちょっと心配だな。ちゃんと戻ってるだろうか。戻ってないと、また今夜もギターなし。ヤだ、ヤだ・・・なにより工事が終わってくれないと、大学に持って帰れないぞ。
 大丈夫かな、ほんと。



20070930220519.jpg
↑工事完了。短時間で綺麗に仕上げてくれました。アンプを通して試奏してないんで不安ですが、電話口で店長は非常に自信あり気でした。一方、弦をエリクター(錆びない弦)に変えたところ、ライン無しの状態で、驚くほど音が良くなりました。店長によると、「このままで1週間以上大丈夫だ」とのこと。あたりまえですが、やっぱり良い弦を張らないといけませんね。

  1. 2007/10/01(月) 00:00:17|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<宴の後の廻り道 | ホーム | ミュートの技巧-レッスン(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1146-b435802d

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search