FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

佐治のガウディ

 過日、笹尾神社の祈祷札外しと棟札探しをお願いした西尾棟梁は、奥さんと二人で工務店を営んでいる。調査が終わるころ、棟梁のほうからわたしに寄って来られ、
 「ちょっとみてむらいたいもんがあるですけどなぁ・・・」
とおっしゃる。このご夫婦が、いま一番熱中している仕事は、藤原家住宅の新築工事である。笹尾神社から旧道におりると、奥さんが待機されていて、森坪にある藤原家までご案内いただいた。
 棟梁の言を借りると、藤原さんはふつうのお百姓さんなのだが、山持ちでいい木材をいっぱいもっている。その木材を伐り出して家をつくるのが道楽で、仕事を任された。木材は伐り出してから十分乾燥させる。だから、何年もまつ。そういう材で、家を建てる。木材の接合には、金物をいっさい用いない。ぜんぶ込み栓。
 1階をみると、ほとんどの柱がケヤキで、まれにヒノキを含む。流通材なら1本200万円。そういう材が裏山でとれるので、材料費はタダ。胴差の成も50㎝ぐらいある。2階にあがると、さらにびっくり。ぶっとい小屋梁が縦横に飛んでいるのだが、これがまたケヤキなのである。ふつうはマツを使うが、ここではケヤキ。ケヤキの野物の梁である。
 奥さんはいう。自分の夫ながら、こういう仕事をみていると惚れぼれする。素晴らしい言葉だ。
 「この住宅は、いつ完成するんですか?」
と聞いたら、あっけらかんとして棟梁は答えた。
 「わからん。どんな材がとれるか、その乾燥がどいだけかかるか、わからんから、完成もいつかわからん。」
 こういう棟梁の言葉を聞いて、「佐治のガウディだ」と思った。


20050820215605.jpg

20050820215556.jpg

20050820215541.jpg




 このご夫婦は、どこまでもいい人だった。わたしたちは、ご夫妻のために働いたわけではない。逆に、棟梁は無償で棟札探しの仕事をされた。わたしたちは謝金を準備すべきところだったが、総代から「氏子だけぇ、要りません」と言われ、その言葉にあまえてしまった。ご夫妻は、わたしと学生7名を「カミング さじ」のレストランに招待された。わたしたち8人は、日替わり定食とコーヒーと梨シャーベットをごちそうになった。わたしは、もちろん代金を支払おうとしたのだが、お二人ともにこにこ笑って、
 「とんでもない」
と言われるだけ。
 車にのって運転しはじめると、「上月さんに似てますね」とノビタが呟いた。鳥取城の石垣修復を一人で支えてきた石工の上月さんである。
 そのとおりだと思った。職人さんには、頭が下がる。
  1. 2005/08/23(火) 20:19:16|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ケルト人のマフラー | ホーム | 日本木材学会中国・四国支部2005年度公開シンポジウムのお知らせ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/118-af0f39d1

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search