FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ライアー・ゲーム

 昨夜は関西TVの深夜放送で『ライアー・ゲーム』総集編の最終回をきっちりみた。神崎なおという少女は主張する。このゲームは「嘘つきゲーム」って名前ですけど、本質はその逆。「正直さ」を問うゲームなんだ、と。

  「自分だけ儲けよう。自分だけ助かろう。なんて気持ちをみんなが捨てる事が
  できたら全員が助かるじゃないですか!」

 嘘つきゲームは3回戦を終えた。なおとなおを支える秋山という青年がなんとか勝利を納め、しばらくして秋山はライアー・ゲームの首謀者に呼び出される。秋山は問う。

   「4回戦はいつ始まるんだ?」
   「4回戦? すでに始まってるんじゃないかね、君たちの身のまわりで・・・」

 要するに、この漫画の主旨は「人生は嘘つきゲーム(ライアー・ゲーム)であり、それに勝利するのは誠実さだ」ということなんだろう。なんてことを漠然と考え始めると、眠れなくなってしまった。まもなく再開する戦いの日々が頭をよぎり始めたからである。

 一夜あけて、長女が東京に戻る日になった。高の原駅まで送っていった。家族5人とデブ1匹で過ごした、ささやかながら穏やかで幸福な正月休みが終わろうとしている。
  
 わたしは次女から『ライアー・ゲーム』の原作六巻分を借りて読み耽った。漫画の連載と併行してテレビ番組が放映されたため、途中でテレビが漫画を追い越してしまったらしく、3回戦の内容は大きく異なっている。漫画のほうがはるかにシビアな戦いで、頭がこんがらがってしまったが、なおと秋山は、これまで同様、自らを犠牲にしておおくの参加者を救い、次の戦いへと駒を進めいった。
 自らを犠牲にして他を救うものと、自らの利益を追求するもの。ライアー・ゲームへの復帰が、わたしにも近づいている。


 
  1. 2008/01/04(金) 23:36:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<t の謎(Ⅱ)-FC2アクセス解析10・11・12月篇  | ホーム | アコースティックでないアコギの世界(Ⅲ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1256-d2d03f0a

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search