FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ある外国人

夕方、鳥取市内を車で走行中、どの国の出身者か定かでは無かったが、あるひとりの外国人が目にはいった。左手の親指をしっかりと上げ、右手でぎこちない漢字で「岡山」(しかも蛍光ピンクで・・・)と書いた紙を掲げており、見事なヒッチハイカーだった。見かけたのは国道53号線沿いで、そのまま岡山に行けることを知っていたのだろうか?

こういう機会はめったに無いので、「乗せてあげてもいいかなぁ」と思ったと同時に、彼を乗せた途端ナイフを突きつけられ、流暢な日本語で「金出せ」と襲われるところまで頭の中で勝手に想像してしまった。
親切と危険は紙一重なものだなぁとつくづく感じた。

彼は無事に岡山までたどり着けたのだろうか?

(ミヤモト マサタカ)
  1. 2005/08/30(火) 19:59:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<廃墟の力  -スコットランドの寒い夏(Ⅶ) | ホーム | 風は激しく  -スコットランドの寒い夏(Ⅵ)>>

コメント

そのヒッチハイカーは僕じゃありませんよ。時々、交通網の不便さを感じるね。タイミングを逃したら移動できないから。(自家用車が無い場合だけど)
  1. 2005/09/03(土) 14:44:17 |
  2. URL |
  3. キム・ドク(別名タイガー戸口) #BWgGc7Fk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/126-cf6b1abd

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search