FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

ケルトとアイヌと台湾先住民  -スコットランドの寒い夏(Ⅲ)

8月26日 エジンバラ: スコットランド博物館、エジンバラ博物館(ハントリー邸)、ホリルードハウス宮殿、ホリルード公園

 寒い夜はサムソナイト、なんてふざけたなこと書いている奴がどこかにいたが、今朝はサムソモーニング娘が窓外で踊っていた。この寒さは、8月末の北海道を上回っている。スコットランドの気候は北海道と似ていると、たしか『地球の歩き方』に書いてあったが、似ているのは気候ばかりでない。先住民族のケルトが、わたしにはどうしてもアイヌとだぶってみえてしまう。ついでに言うと、スコットランドのハイランド(丘陵・山間地域)に住むケルトは、台湾先住民のなかの高砂族(中国語では「高山族」)ともイメージが重なりあう。おなじ被征服民ながら、ロウランド(低地)のケルトは「熟蕃」と呼ばれた平甫族と似て文明を受容し、ハイランドのケルトは「生蕃」と呼ばれた高砂族と似てそれを拒絶した。さらにこんがらがるけれども、スコットランドが北海道ならば、オークニーは千島、シェトランドは樺太のようにも映る。オークニーが壱岐で、シェトランドが対馬と言えないこともないか。
 今日はハイ・ストリートのケルト・ショップに入って、久しぶりにケルトの図柄と再会したのだが、やはり、アイヌの紋様とよく似ていると思った。寒いからマフラーを買ったところ、ますます気温は下がり、ホリルード公園の急峻な山道を登るにあたって、大変役にたった。
 本日いちばんの収穫は、ホリルードハウス宮殿の背面に残るアビー(修道院)の廃墟。イギリスでは、こういうアビーを絶対復原しない。崩れ落ちた部分は撤去し、廃墟のまま公開しているのだが、この廃墟と化した建物にわたしはめっぽう弱い。豪壮華麗な宮殿建築や教会建築に出くわしても、どうってことはないのだが、崩れ去った建築物がその状態のまま屹立している姿をみると、身も心も震えてしまう。遺跡整備の立場から言えば、残っている構造物を固めて、まわりに芝生を張るだけだから、これほどシンプルな仕事はないわけだが、よく考えると、壊れつつある石造建造物をそれ以上壊れないようにするのはやっかいな作業である。
 崩れおちてくる石を崩れないようにするにはどうしたらよいのだろうか?

20050904175455.jpg

20050904175443.jpg

20050904175502.jpg

↑アビーの窓。鉄筋で補強している。



↓エジンバラ博物館(旧ハントリー邸)。

20050904175753.jpg

20050904175800.jpg


↓スコットランド博物館に移築展示された民家。小屋組はA型架構。旧ハントリー邸も同じ。オークニーやシェトランドのクロフト・ハウス(小作農住居)もみなA型架構の小屋組を使う。
20050906022352.jpg


 
  1. 2005/08/26(金) 23:27:01|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ワゴンRで  -スコットランドの寒い夏(Ⅳ) | ホーム | 夜中の集い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/131-8992bf74

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search