FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

レッティン・ゴー(Ⅲ)

 「アトリエ・デ・くっきぃず」という会社から、「レッティン・ゴー」の楽譜が届いた。いや、高いのなんの・・・
 ネットで注文した際の値段は¥2415-。アンドリュー・ヨークのコンサートのグッズ売り場では1200円弱(たしか¥1175-)だったから、すでにして倍の値段です。あのとき買い逃したのが痛かった。
 その後、『ハウザーセッション』を毎日車で聴くようになり、やはりどうしても「レッティン・ゴー」のスコアが欲しくなった。当然のなりゆきとしてネットを彷徨し、「アトリエ・デ・くっきぃず」というクラシック楽譜の専門ショップをみつけたのである。
 さっそく「レッティン・ゴー」の楽譜を注文したところ、「在庫なし」との連絡。そして、以下の注意書きに目を奪われた。

   * 在庫の無い楽譜の価格は、本体価格やレートの変動のため、上記価格
    と若干異なる場合がございます。予価よりも20%以上の価格変動が
    あった場合、こちらからご連絡致します。また、エアメールなど、
    お取り寄せにかった費用を別途ご負担いただきます。以上ご了承下さい。
    (船便使用の場合は、必要ありません)

 「レッティン・ゴー」の場合、カリフォルニアのMajian Music という会社からの取り寄せになるので、もちろんエアーメイル代金が必要。結局、以下の額を請求された。

   □楽譜代金    ¥2415-
   □AirMail代金  ¥830-
   □メール便速達  ¥180-     
   ■合計      ¥3425-

 「レッティン・ゴー」1曲の楽譜が3,425円にもなったわけ。コンサート会場の3倍近い値段です。まぁ、それぐらいのお金を出して買うだけの価値がある曲なんだけど、少々たまげたね。ちなみにタブ譜はついていない。タブ譜なしで12ページ。曲中にインプロヴァイズ(即興演奏)の部分を含み、最後のページに「example improvisation」を示している。

 さて、「レッティン・ゴー」はLAGQの同僚スコット・テナントに捧げる曲として2003年に書かれたもの。変則チューニングだろうとは思っていたのだが、楽譜冒頭に「3 to F#」の指示あり。3弦をGから半音さげるわけです。となれば、セルシェル愛用11弦ギターの1~6弦の調弦と同じになる。上からEADF#BEで、これはたしかルネッサンス・リュートの調弦だったはず。なるほど。「レッティン・ゴー」のキーはE。さっそく、レファーレン因幡500円モデルで弾いてみました。うぅん、期待に違わず、おもしろい。ここだけの話なんですが、じつは「サンバースト」も7割方弾けるようになっておりまして、次はもう「レッティン・ゴー」ですね。挑戦するしかありません。それまでに楽譜を紛失しないようにしないとね・・・

  1. 2008/02/28(木) 00:00:26|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「魯班営造学社」更新 | ホーム | 網走の手錠-黒船「八尾南」(おまけ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1311-6239f960

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search