FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬研堀慕情(Ⅷ)

澳門漫遊

 一夜明けて、3人はマカオではじめての朝を迎えた。朝陽が洋館1階の大きなフロアにさしこんでいる。その中央に置かれたおおきな円卓を囲んで、3人は椅子に腰掛けた。伸太は、円卓に並んだ料理の数々に目を白黒させている。

   「殿、昨晩の広東料理もたいそうな馳走でございましたが、この朝餉も尋常ではございませぬな」

 食卓にはすでに青菜の牡蠣油炒め、肉もやし炒め、饅頭、海鮮焼きそば、揚州チャーハンが並んでおり、さらに二人のメイドは続々と蒸し物を運んでくる。小柄で、つぶらな瞳をした小李(シャオリー)というメイドが、まず

   「小籠包でございます」

と言って、小さな蒸籠をテーブルにおいた。小籠包といえば江南の名物料理だが、マカオのそれはやや小振りで、スープを薄味にしている。こんどはポルトガル人のミレットというメイドが2種類の蒸し餃子を運んできた。一つは豚肉と黄韮の餃子、もう一つは蝦と白菜の餃子である。こういう蒸籠物が何種類もテーブルに並んでいき、その締めにピータン粥と竹升麺の小椀がひとつずつ客人の前に置かれた。

   「伸太も利蔵も、そう、がつがつ食らうでない・・・」
   「しかし殿、この料理はほんに美味しうございますな。このように旨いものを食べたことはございませぬ。広東の中国人はみな、朝からこれほどのごっつぉうを食べているのでございますか?」
   「金持ちはな」
   「百姓は貧しいのでございますか」
   「貧しい」
   「どれほど貧しいのですか?」
   「日本よりも貧しい」
   「・・・それにしても、たまりませんな。これで酒があれば・・・」
   「朝から酒が飲めるか。その茶が料理によくあうであろうが。飲茶(ヤムチャ)と言ってな、茶をのみ、軽食をつまむ。これが広東の風流じゃ。」
   「さようで。これはなんというお茶でございますか?」
   「水仙か鉄観音ではないかな」
   「烏龍茶とはまた違うのでございますか?」
   「烏龍茶にはさまざまな銘柄があるのよ」

 小李が控えめに口をはさんだ。

   「これは武夷山でとれた岩茶でございます。高山の岩山に自生する茶でして、なかなか手に入らないのですよ」
   「福建と江西の境に聳える武夷山か。武夷山にも行ったことはあるが、その岩茶とやらは、たいそう値が高く、とても買う気にならなんだな」と舌右衛門は答えた。



 午前11時、王賢尚が迎えにあらわれた。とくに予定はないのだが、ともかく町をぶぶらぶらしようということになった。舌右衛門はすでにマカオの街をよく知っている。しかし、王は舌右衛門たちが刺客に襲われるのを案じており、しばらくは自ら3人に付き添うという。「警護の3名にも、見張らせましょうか」と訊かれたが、舌右衛門は「いやいや、とりあえずこのものたちも忍びですゆえ、ご案じめさるな。わしの警護のために連れてまいったのですからな」と断った。
  伸太はショップハウスの町並みを眺めながら、また目を白黒させている。

   「昨夕着岸したアマの岬は家船があふれておりましたが、この洋館群との落差は凄まじいものでございますな」
   「だから言ったであろうが、貧富の差は大きい。日本よりもはるかに大きい。マカオには、都市の光と影が凝縮しておる」
   「国元の城下も、かようにハイカラな街に変わりませんものでしょうか?」
   「領民がみなキリシタンになれば変わるかもしれんぞ」

 マカオは小さな半島で平地が少なく、街は山の斜面にひろがっており、道の起伏が激しい。亜熱帯気候の夏に一刻ほど歩いたら、さんざん汗をかいた。王賢尚が「カフェに入って休みましょう」と提案した。

   「カフェとはなんでこざいますか」と伸太が訊く。
   「洋風の茶店じゃ。珈琲(コーヒー)を飲む」
   「珈琲とは何でございますか?」
   「カカオという豆を煎って熱湯で濾した飲み物じゃ。まぁ飲んでみるがよい」
   「・・・プッ・・・これは、えろう苦ごうございますな・・・」と利蔵が驚いた顔をする。
   「苦いと思うならば、牛乳と砂糖を混ぜるがよかろう」
   「・・・ははっ、たしかに美味しうなりました。変わった味ですが・・・」と利蔵。
   「苦み走った男の味じゃ」と言ったのは、知ったかぶりの伸太である。

   「こちらの牛乳プリンはいかがでございますか? 牛乳に砂糖と寒天を加え、冷やしてかためたものでございます。卵の黄身を混ぜたものもございますが」と王賢尚がガラスケースのなかを指さした。それは茶碗蒸しのようにみえたが、どうやら氷庫のなかで冷やされている。3人は薦められるまま、それを食べた。スプーンでゼラチン状のプリンを少しずつすくいあげ、口に移していく。

   「冷やりとした舌触りで、美味しいうございますな。汗も引いていきますわ」

と、また伸太が目を白黒させた。淡泊な甘みが心地よく、ほろ苦い珈琲とよくあった。それからまたしばらく街を歩いた。夕暮が迫るころ、王賢尚が舌右衛門に再び訊ねた。

   「今宵は中華料理になさいますか、それとも、ポルトガル料理に?」

 舌右衛門は即座に答えた。

   「ポルトガルの音楽が聴ける茶屋で食事をとりたい」



*『薬研堀慕情』 好評連載中!

    「薬研堀慕情(Ⅰ)」
    「薬研堀慕情(Ⅱ)」
    「薬研堀慕情(Ⅲ)」
    「薬研堀慕情(Ⅳ)」
    「薬研堀慕情(Ⅴ)」
    「薬研堀慕情(Ⅵ)」
    「薬研堀慕情(Ⅶ)」
    「薬研堀慕情(Ⅸ)」


  1. 2008/04/07(月) 00:32:33|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<薬研堀慕情(Ⅸ) | ホーム | 薬研堀慕情(Ⅶ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1356-cb4b4aad

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search