FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薬研堀慕情(ⅩⅩⅠ)

知恵くらべ

 家康のとった複数経路による情報収集策が当然のこととは思いながらも、自分たちがワン・ノブ・ゼムにすぎないことを改めて知ってしまうと、マカオで死んだ利蔵のことが急に不憫になってきた。うつむき黙ってしまった舌右衛門に宗薫が「どうなされましたか」と問う。

   「いえ、ふと討ち死にした忍びの顔が浮かんでしまいまして・・・」
   「・・・・そのことについては言葉もございません。お悔やみ申しあげます」
   「いえ、あれが忍びの宿命であり、本分を遂げたといえばそうなのです」
   「ところで、マカオの賊は赤影に扮装していたそうにございますな」
   「はぁ、妖艶で身軽な赤影でございました。ただし飛騨の忍者ではなく、甲賀の忍者であるところが漫画とは異なっておりましたが・・・」

と答えた瞬間、宗薫の目が獲物を狙う鷹のようにキラリと光った。

   「その赤影の正体、身に覚えはございませぬか」
   「・・・ございませぬ」
   「下呂さまを仕留めることができたにも拘わらず、資料だけ奪って逃げたのですから、おかしな賊でございますな?」

と繰り返される問いに、舌右衛門はうすら恐ろしいものを感じた。

   (この男はなにもかも見抜いているのではないか。自分よりもはるかに深いことを知っているのかもしれない・・・)

 凍てりついたような空気を和らげようと、宗薫は話題を変えた。

   「国元への土産はたんと買われましたかな?」
   「はぁ、奥が病んでおりますゆえ、漢薬、西薬を問わず薬を大量に仕入れました。また医学書、薬学書もたんと買いました。ほかにも大量の書物と、趣味で弾いておりますギターラを1台・・・・」
   「薬はいざしらず、それでは下呂さまのものばかりではございませぬか。ほかには何か?」
   「好物の白葡萄酒を箱買いして帰ろうと思ったのですが、堺までなら運べても、国元まで陸路で運ぶのは容易ではございませんゆえ、瓶で3本だけ持って帰って参りました」
   「それは少なすぎますな・・・この屋敷には蔵が十棟ありますが、じつはそのうちの1棟はワインセラーにしております。わたしが10本ばかりみつくろって、お国元へ送らせましょう。書物も大変な量でしょうから、こちらに置いていってくださいませ。あとで葡萄酒と書物をまとめて荷駄で送らせまする」
   「・・・かたじけのうございます。それではお言葉に甘えさせていただきます。」


 宗薫のはからいに場はくつろいできた。話は続く。

   「それにしても、おなご衆が喜びそうな土産物がございませんな?」

と問う宗薫に対して、舌右衛門は懐から鷲掴みにして何かを取り出した。

   「これにございます」

と言って掌をひらくと、十字架のついた銀のネックレスがどさりと畳に落ちた。宗薫は驚く。

   「なんとまぁ物騒なものを買い求められましたな。伴天連追放令が発布されておる世の中でございますぞ。こんなものをもっているのが見つかれば、獄に放り込まれるのは必定・・・」

 秀吉が天正14年(1586)に伴天連追放令を発布してからすでに十数年の歳月が流れており、関ヶ原以降はなかば形骸化した感がないでもなかった。正式にキリスト教が禁止されるのは、4年後の慶長19年(1614)のことである。大坂冬の陣を境に社会は劇的に変化していく。

   「いえ、国元では取り締まりなどありますまい。おなご衆はこういう銀細工の飾り物には弱いですからな・・・十字架に張り付けにされた天主の姿をみて心がよろめくようにございます」

と言って微笑する舌右衛門をみて、宗薫の目は再び鷹のように光った。

   (このものは見抜いておる。かなり深いところまで見通しておるな・・・)

 宗薫の言葉に舌右衛門が敏感に反応したように、こんどは宗薫が舌右衛門の短い言葉に触覚をふるわせた。宗薫も舌右衛門も同じ徳川方であったが、事の真相をどこまで知っているのかについては腹をわって話すことなどありえない。とりとめもない会話は、相手の理解のレベルをさぐる囲碁戦のようなものであり、その勝負はどうやら五分と五分であるということを互いが認めあって面談はお開きとなった。二人は敵味方の関係でなかったことを心の中で安堵している。



*『薬研堀慕情』 好評連載中!

    「薬研堀慕情(Ⅰ)」
    「薬研堀慕情(Ⅱ)」
    「薬研堀慕情(Ⅲ)」
    「薬研堀慕情(Ⅳ)」
    「薬研堀慕情(Ⅴ)」
    「薬研堀慕情(Ⅵ)」
    「薬研堀慕情(Ⅶ)」
    「薬研堀慕情(Ⅷ)」
    「薬研堀慕情(Ⅸ)」
    「薬研堀慕情(Ⅹ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅠ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅡ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅢ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅣ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅤ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅥ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅦ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅧ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅨ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅩ)」
    「薬研堀慕情(ⅩⅩⅡ)」


  1. 2008/04/23(水) 00:43:55|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<薬研堀慕情(ⅩⅩⅡ) | ホーム | 薬研堀慕情(ⅩⅩ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1375-4fcb6c15

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search