FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第3回「魔法の山」 -谷口ジローの風景-

講演02坂田01全体

 今日のプロジェクト研究1&3は前回に引き続き課外授業となりました。行った先は鳥取市の市役所です。晴天なら鳥取城跡の修復工事現場に行く予定もありましたが、2週続けて天候に恵まれずお流れになってしまいました。
 市役所に向かった理由は鳥取城跡の歴史の概要を聴くためです。話を聴いた場所は市役所の四階の第四会議室、詳細を話してくださったのは坂田さんという教育委員会の文化財技師さんです。私たちは坂田さんから三つの資料をいただきました。「鳥取城跡附太閤ヶ平」パンフと「鳥取城を概観する」は鳥取城跡の歴史や図をまとめた資料、「鳥取城修覆願絵図」は嘉永三年(1850年)に描かれた鳥取城の絵図です。
 私は鳥取県中部に住んでいるのですが、鳥取城跡のことはこれっぽっちも知らず、実際に鳥取城跡を見るまで鳥取城はちゃんとした城の建築物であると思っていました。しかしそれは間違いで、実際は石垣ぐらいしか残っていないことを知り、驚いたのは記憶に新しいです。そんなことなので、鳥取城跡の歴史なんか知っているわけもなく、今回のお話と資料配布は大変ありがたいものでした。聴いていて特に驚いたことは鳥取城を羽柴秀吉が二度も攻めていたことです。羽柴秀吉といえば、後に天下を統一する豊臣秀吉のことです。秀吉が鳥取城を攻めていたことを、何人の鳥取県民が知っているでしょうか?少なくとも私の周囲の人たちは知らないに違いありません。

講演01学生01

 話が終わった後、私たちは今回のプロジェクトの本題である谷口ジローの作品『魔法の山』を配布されました。私はこの漫画を見るためにこのプロ研に入ったと言っても過言ではないので、大変嬉しかったです。しかし、ただ見るだけではいけません。ゴールデンウィーク中に感想文を書かなければいけません。量はワード一枚以上だそうです。さらにゴールデンウィーク中に鳥取城に決められた班ごとに登らなくてはいけません。私の班は27日、他の2班は29日に登るそうです。ただ登るだけではなく、登って解った事、気づいたことを整理し、いずれパワーポイントとして表現するようにも言われました。登山は大山に登って以来なので不安で堪りません。が、このところ新鮮味というものが欠けている生活にはいいかもしれません。これを機にまた体力作りを始めるべきかもしれません。(環境政策学科1年 T.K)



ノビタ復帰!?

 今週も先週に引き続き、市教委の松原さんにお世話になりました。また、坂田さんには貴重なスピーチをしていただきました。深く感謝申し上げます。なお、本日の課外授業に飛び入りが一名。ノビタでございます。思い出すなぁ・・・今から3年前、鹿野城下町の見学に出向いたらノビタが待っていて、城狂いのかれは他のゼミからASALABに即刻トレードを決意したのでした。今回、2期生のノビタと某院生は27日の決死隊チームを牽引してくれることになりました。一方は、わたしは29日、岡山と信州に帰省する直前の女学生を連れて、正面から天守をめざし半時計まわりに久松山をぐるりとまわることになりました。よい運動になるでしょう!
 29日13時、県庁集合です。

講演03伸太



  1. 2008/04/25(金) 10:02:24|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<忍法「鼻ようじ」 -asalab新歓コンパ! | ホーム | Masa@モダンタイムズ(Ⅲ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1381-c43a3a1a

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search