FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

実績報告(Ⅲ)-科学研究費補助金萌芽研究

 昨年度実績報告の第3弾(最後)は、科学研究費補助金萌芽研究「文化的景観としての水上集落論-世界自然遺産ハロン湾の地理情報と居住動態の分析」(課題番号19656157)です。昨年は3ヶ年計画の初年度で、実り多い成果がもたらされました。今年度も継続して調査研究を進めます。

---------------------------
概 要 
 ベトナム北部の世界自然遺産ハロン湾の水上集落クアヴァン漁村での調査をおこなった。現地には6名で赴き、2名がGPSとレーザー測距器を併用した水上集落配置の測量、1名が居住動態に関するヒアリング、2名が家船・筏住居の実測、1名が水墨画による水上集落パノラマのスケッチを担当した。帰国後、現地で収集した地理情報を地球儀ソフトGoogle Earthと連動させて、精度の高い配置図を完成させた。さらに、そのデータと実測図、写真データ、衛星写真画像などの諸データを複合させ、現状の3次元景観CGを制作した。その後、復原的研究により家船を中心とする過去の景観CG、現地で視察したフェロセメントのパイロット住居や建築家設計の水上住居を取り入れた未来型景観CGをシミュレーションとして制作した。また、純粋な自然景観と、家船や筏住居を含む文化的景観の差を水墨画として表現した。これらのデータをもとに、ハロン湾の文化的景観保全のあり方を今後模索していきたい。
 一方、居住動態に関しては、おもに漁撈から養魚・養殖の生業転換にともなう家船から筏住居への住み替えについて、どのような生活空間と生活様式の変化が発生しているかを考察した。とりわけサンと呼ばれる筏住居前側の通路がコミュニティ生成の鍵となっている。現在、養魚・養殖の安定性により、陸上がはほとんど進んでいないが、今後、子どもの「教育」を媒介にして、それが進行していく可能性がある。

成果論文

張・浅川 
   「世界自然遺産ベトナム・ハロン湾における水上集落の居住実態とその変容
   (その1)」
   『日本建築学会中国支部研究報告集』第31号:論文No.517(計4ページ)、
   2008

長沼・張・浅川
   「水上居民の家船居住と陸上がりに関する文化人類学的研究 
    ―中国両広とベトナムを中心に―」
   『住宅総合研究財団研究論文集』第34号:p.65-76、2008


  1. 2008/06/01(日) 00:15:00|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<鳥取県環境学術研究費助成研究 新規採択! | ホーム | 奈良放送局での収録>>

コメント

こんにちは!HA-NAMです!
私は先週ハロン湾に行ってきました!
TBさせていただきました!
相互リンクしていただきますととても嬉しいです!!
どうぞ宜しくお願いします!!
http://xn--fdke7b4a7686bp0k.seesaa.net/article/98304773.html

  1. 2008/05/28(水) 16:47:21 |
  2. URL |
  3. HA-NAM #mQop/nM.
  4. [ 編集]

HA-NAM さんへ

ブログ拝見しました。
わたしたちのブログでの連載「越南浮浪」(2007)、「越南浮遊」(2006)もお読みいただければ幸いです。
  1. 2008/05/28(水) 18:11:59 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1421-ea4ae959

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search