Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

レンジャーズのボールで -シンポジウム接近(Ⅱ)

 グラスゴー空港には、セルティックスとレンジャーズのショップが隣あわせで並んでいて、もちろん両方ひやかしたのだが、正直なところ、レンジャーズのグッズのほうが充実していると感じた。わたしが気にいったのはバッグパック。うしろに水筒付き、中にボールとコーン(4枚)が入っている。これで15ポンド(3100円)。バッグパックと水筒は息子のお土産にして、ボールとコーンだけ大学に持ってきた。じつは、セルティックスのミニ・ボールも市内のショップで買っていて、いつでもミニ・サッカーができる体制を整えている。
 シンポジウムの荷造りを終え、たくさんの荷物を利蔵とノビタの車に積み込んだ。もうやることはない。人影のない夕暮れの駐車場、ミニ・ゲームには打ってつけだ。ボールは、普通サイズのレンジャーズの方。コーンをゴールの位置に並べた。今日は3対3。Aチームは浅川、宮本、西垣。Bチームはノビタ、ピエール、利蔵。結果は2-0で、Aチームの圧勝であった。得点は宮本1、西垣1のはずだが、一部にノビタのオウンゴールとの声あり。
 いや、汗だくです。みんなふうふう言っている。若いのに、48歳の教師よりへとへとにみえるのだが、教師のほうも瞬時の動きに反応できなくなっている。もし、今でも奈文研にいたなら、もう少しまともな動きができただろうし、体重も今ほど増えていなかったであろう。だから、もうちっともててただろう、なんてことはないだろうな。
 今日はビアンキにのって、サッカーをした。あとは体に良い物を食べて、〆切の迫る某原稿に立ち向かうのみ。
 そう言えば、今夜、タクオが帰ってくるというので、セルティックスのマフラーを手渡すことになっている。

  1. 2005/09/18(日) 18:30:50|
  2. サッカー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<歴史的建造物のデジタル・マッピング  中間報告その2 | ホーム | シンポジウム接近(Ⅰ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/153-87c2a4c7

asa

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search