fc2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

薔薇色の夜 -木星にて

ノビタです。

 ブログに告知してあるので、みなさんご存知かと思いますが、9月20日に大社造シンポジウムがあり、打ち合わせや用意などのため、前日19日に松江入りしました。会場近くの島根県立博物館に着き、打ち合わせを終え、チェックインをする前に少し松江城下を見てまわりました。
 松江と言えば、松江城です。車から眺める天守や櫓、石垣は何とも言えませんでした。また、松江は城だけでなく、武家屋敷も保存されており、城下町としての街並みが色濃く残っていていたことが一番感動しました。今度来たときはじっくり巡ってみたいと思います。 

 その後、ホテルへのチェックインを済ませ、夕食の後、浅川先生以下6名で街に繰り出し、ホテルより少し離れた飲み屋に入りました。カラオケを歌い、お酒を嗜み、みんなで楽しんでいたときのことです。先生が十八番の「伊勢崎町ブルース」を唱いはじめて、アッハーン、ウッフーンと唸っていると、カウンターの隅で飲んでいた中年の客が、突如、先生に抱きついて離れなくなり、みんなで引き離すのに苦労しました。聞けば、松江出身の京都のお医者さんで、独身の同性愛嗜好者らしい。先生は、僕を壁にしつつ、宮本君や利蔵君を推薦するのですが、
  「若ければいいってもんじゃ、ないのよん。あなたのような、ふくよかな人がタイプなの・・・アハン・・・」
 どうやら先生のことを30代だと勘違いしていたようで、先生が「48歳」と告白しても、ボルテージが下がることもなく、なんとお寿司屋から上にぎりを2桶、カッパ巻き&シンコ巻きを1桶頼んでくれて、先生も学生もパクパク食べてました。
 一生忘れられない、衝撃的な夜になりました。

ノビタです。

  1. 2005/09/20(火) 23:58:27|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シンポジウムを終えて | ホーム | 歴史的建造物のデジタル・マッピング  中間報告その2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/157-76a8f0fa

本家魯班13世

01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search