FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第5回「限界集落」アンソロポロジー

ロフトP1010720ビデオ


板井原の座談会ビデオをみて
 10月30日(木)のプロジェクト研究2は、28日(火)に板井原で開催された座談会「限界集落と文化的景観」のビデオを観ました。この企画は板井原の居住者や喫茶店経営者と対話し、文化的景観がどの程度集落の再活性化につながるか検討するというものでした。座談会は「火間土」という、オーナー夫妻のお宅をそのまま使っているかまどめしのレストランの中で行われていて、映像を観ているだけでも民家独特のあたたかい雰囲気を感じることができました。
 私が映像を観ていく中で印象に残ったことは、板井原で昔から行っている祭りを開く際に普段は地区にいない人にも呼び掛け、手伝ってもらうという点でした。やはり、この集落で長年続いていると思われる行事をなくしてはならない、という気持ちから手伝いに来るのかな、と思いました。祭りでは竹を割って作るやなぎというものを使うそうです。それを背負い集落内を回り、祭りが終わったあとにその竹を各家に持ち帰るということでした。それを輪にして屋根の上に置く、柿の木などに吊るすと魔除けや豊作のためのお守りになるそうです。この間、板井原に行ったときに見た、屋根の上や木に引っかけてあった輪はこのお祭りで配られたものでした。初めて見たときにあれは何だろう、と疑問に思っていたので分かってよかったです。

座談会08古写真01 板井原は焼畑、養蚕、炭焼き、角材の搬出などが生業だったそうです。 40~50年前までは焼畑があり、最初の年の作物は大根を育て、次の年は小豆やそばなどの違う作物を育てるということでした。しかし、山火事の恐れがあるということで、焼畑はどんどん行われなくなっていったとのことです。この地域では養蚕の為に、明治の初めから昭和40年頃まで蚕を飼う農家が多くあったとのことです。この稼業により、家を改造し、専用の空気抜きの屋根を付けたりしたそうです。養蚕も栄えたのですが、一番の収入源は炭焼きということでした。材木の相場がよかったそうです。炭焼きや角材の搬出は、周りに木がたくさんあるのでなんとなく分かるような気がしました。しかし、焼畑が生業になっていることに驚きました。私も焼畑のことを聞いた時に山火事の心配はなかったのだろうか、と思ったからでした。
 火間土のオーナーさんがお店をやってみようと思ったキッカケは、水車小屋や養蚕の人におにぎりを出していたのが始まりだそうです。お店は日曜日だけの開店で、しかも1日に1度だけ、かまどでご飯を炊き、その炊いたご飯が無くなったらもう終わりだそうです。でも、お客さんの中には待っているので炊いてほしいという方も少なくないそうです。長い時間でも待てるのは、この板井原の素晴らしい景観のおかげということを聞きました。お客さんは自然に親しもうと来られるので、待つことができるのではないか、という事でした。確かに、都会や街中では長々とは待てないと思います。炊けるのを待っている間に散歩や、色んなとこを見るのも待っている時間というのに、とてもいい気分転換になりそうです。



座談会03プロジェクト研究用全景

 火間土のオーナー夫妻、野土花(初代)のオーナーさん、野土香(現在)のオーナーさんのお話を聴くと、この地区に対する思いはみなさん全然違う意見をお持ちでした。
 ご夫妻は、板井原を残していきたいのは山々だが、戻ってくる人間がいなければもう終わり、自分たちできっと終わりなのではないか、という流れに身を任せるような意見でした。
 先代オーナーさんは都会暮らしの経験から田舎へのあこがれがあり、保存地区として登録するのは反対だそうです。人が来なくても風景が残っていてほしい、という意見でした。
 現在のオーナーさんは、村人が戻ってくるなら選定には賛成とのことでした。でもやはり、先代のオーナーさんと同じく風景は残しておいてほしいということでした。

 私は、これを聞いて、現在のオーナーさんが言っているように、村人が戻ってきてまた地区が栄えたらいいな、と単純に思ってしまいました。しかし、その呼び戻す方法もまったく思いつかないし、冬場は周りが山の為に陽が数時間しか当たらず、車も出すのが困難ということを聴き、すぐに答えを出せるものではない、本当に難しい問題だ、ということを改めて実感しました。今回、住民の方々の思っていることを聴くという貴重な体験ができてとてもよかったな、と思いました。途中解説をしてくださった先輩、ありがとうございました。とてもわかりやすかったです。
 ビデオを観終わったあとに食べたお菓子、おいしかったです。今日はおつかれさまでした。ありがとうございました。(環境政策学科1年N.A)

ロフト01板井原ビデオ01>



  1. 2008/11/02(日) 00:38:20|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<河本家住宅 秋季公開中! | ホーム | 板井原での座談会 -居住者との対話>>

コメント

よく書けてますね

ほぼ修正なしでアップできましたよ。前日のヒラさんの座談会概要報告をうけて、その内容を補う意味で、とても価値あるブログになりました。P2&P4の学生レポートでは、総じて女子の文章が質量ともに優れてますね。男子の奮起を期待します。チェスト!
  1. 2008/11/02(日) 00:55:03 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1598-cde1a40a

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search