FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

2009カレンダー「うさぎとかめのふたりごと」

カレンダー 板井原での座談会からはや一週間。喫茶店「野土花」の先代オーナー(今日も「花」オーナーと略称させていただきます)から、お便りが届きました。封筒を開けてみると、座談会のお礼を綴ったお手紙のほかに、絵はがき5枚セット「ここは智頭町板井原」と2009年カレンダーが同封してありました。いずれも「うさぎとかめのふたりごと」シリーズです。うっすらとした水彩で描く絵と文字は少しずつ色を変えて和紙から浮き上がってくるようにみえます。
 座談会に出席していただいただけでなく、こんな素敵な贈り物までいただいて、ほんとに感謝です! ありがとうございました。
 じつは、わたしも絵はがきを一枚もっています。「花」オーナーの絵はがきの言葉と絵にはいつも心を落ち着かされますね。今まで何度か拝見してきましたが、改めて手にとってみると、絵はがきのもつあたたかさに、心がほんわかとなりました。
 カレンダーも、絵はがきと同じように「うさぎとかめのふたりごと」が淡々と描かれています。月ごとに絵が変わり、言葉も変わる。その言葉が、ゆっくりと胸にしみ込んでいきます。まるで禅の教えのようだ、と先生もおっしゃっていました。左のページがわたしのお気に入り。ぜひ、みなさんにも味わっていただきたいですね。こうしてカレンダーの一部を転載するのは不謹慎かもしれませんが、一人でも多くの方にこのカレンダーを飾っていただきたいと願ってのことですので、なにとぞ不躾をお許しください。
 ちなみに、絵はがきはセットで500円、カレンダーは714円です。絵はがきにはいろんな種類がありますよ。板井原の「野土香」でも販売していますので、立ち寄られた際には必ず手にとってみてくださいね。

 宛名書き-1 絵はがき1



火間土-1 さて、この週末には、ヒラさんがリラックマさんの車にのって板井原に行き、保存会の会長さんに、お借りしていた写真を返してきました。その際、二人は座談会の会場となった「火間土」で噂の定食を食べちゃったそうで、周囲(とくに先生!)のジェラシーを買っております。その代わりにといってはなんですが、ヒラさんは「火間土」の名刺をもって帰ってきてくれたんですよ。この名刺もスキャンして掲載しておきます。火間土は日曜のみの営業ですが、11月2日は大変な混みようだったとか。行くと決めたら早めに行かないとご飯にありつけないそうです。ただ、5人以上で予約をすると平日でもお店をあけてくださるとのことです。
 座談会を開かせていただいたこと、そして、その会に快く参加していただいたことに、改めてお礼申し上げます。皆様、ありがとうございました!! (部長)

  1. 2008/11/05(水) 01:06:47|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ほっと一息、夏休み -FC2アクセス解析7・8・9月篇 | ホーム | カノン夜話>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1601-589cca04

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search