FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

アゴだしラーメン

あごだし20090127051240

 大学の近くに美味いラーメン屋があるという話を聞かせてくれたのは、「限界集落」チームの1年生、Hくんだった。名前どおりHな男で、「自分の双子の弟が大阪にいるんですが、歩く生殖器と呼ばれているんです」なんて、女子学生の前で平気で口にするんだから、もちろんわたしと気があわないはずはない。
 Hくんは会う度ごとにラーメン臭い匂いを発している。かれは、その、大学近辺で一番美味いと評判のラーメン屋さんでバイトしていて、日に2回はラーメンを食べるのだという。プロジェクト研究2発表会前日の練習を終えた夜、Hくんにそのラーメン屋さんに連れてってもらった。鳥取工業高校の門前にある「鳥人」というお店で、行列ができるとまで言われている「アゴだしラーメン」を注文した。

 大学に戻って、H君が「美味かったでしょ?」と訊くから、「あぁ、美味かったよ」とは答えたのだが、いつもひと言多いのがわたしの悪いところでして、「でも、博多のアゴだしにはかなわないね」と付け加えた。かれは「えっ」という顔をして、目をシロクロさせた。
 那の福
 昨年末の九州調査の最終日、博多での列車乗り換え時間を潰すために「那の福」というラーメン屋さんに入ったんです。そこで、博多名物の豚骨スープではなく、アゴだし醤油ラーメンを注文したところ、これがもの凄く美味かった・・・店の表示によれば、「アゴ(飛魚)を中心に十種類の魚介系スープと肉系のダブルスープ」と書いてある。いちばん上の写真がそのラーメンですが、見た目以上にあっさりしていて、ラーメンを食べた後、血液を濁らせるような感覚がまったくなく、驚いたんです。

 で、博多駅でお土産を買うにあたり、なんとかアゴだし系列のラーメンを買って帰ろうと血眼になって探し当てたのが、下の「博多大名あごだしラーメン」。これを奈良にもって帰って、家族に振る舞うとすこぶる評判がよろしい。スープは「那の福」のそれよりさらにあっさりしていて、限りなくうどんの和風スープに近いのですが、しかし、うどんではなく、ラーメンを食べているという食感は強く残ります。で、またたくまにお土産は捌けてしまい、ネットで検索して、楽天からまた1箱(10袋)取り寄せました。次回は楽天を経由せず、直接、製造元に通販を依頼しようかと思うほど一家の評価が高いラーメンになってしまいました。
 博多大名あごだしラーメン

 というわけで、Hくんには悪いけれども、わたしは「鳥人」の味には満足できなかった。現在のところ、他県に出しても恥ずかしくないハイレベルのお店は、そうだな・・・「たかや」と「ダウラ」と「昇龍」と・・・「飛鳥」ってところでしょうか。あくまで、わたしの独断的な評価ですが。
 そうそう、板井原の「火間土」も忘れちゃいけませんね。あんなに人間的な味がするお食事処はちょっとないもの。

  1. 2009/01/29(木) 04:58:29|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<とまとさんがやってきた! | ホーム | ルソンの壺>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1684-7b684278

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search