FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

「町並み保存技術研修会in倉吉」 開催要項

1 テーマ 
 伝統的建造物等の修理・修景技術の向上と技術継承の実践

2 開催趣旨 
 「伝統的建造物群保存地区」(以下伝建)保存制度が誕生して30年経過した今日、この制度が歴史的集落や町並みの保存にとどまらず、地域の個性ある「まちづくり」を進める有効的な手法として認識され深化してきている。また、各地で歴史的建造物が再評価され、それを核とした「まちづくり」が活発化している。
 これら各伝建内の建造物や歴史的建造物は、それぞれ保存修理・修景事業が進められ活用が図られているが、伝統的な建築技術を用いる場が少なくなってきた現在、幾つかの問題点を抱えていると言わざるお得ない。このような問題点は、各地区で修理・修景事業をおこなっておられる建築士や大工・左官等の技能者の方々の努力により解決が図られている。しかし、情報交換の場も少なく各自の技術的能力や経験に負っているのが現状ある。また、市町村等の担当者も保存修理の知識を持ち研鑽しなければ、充分な対応をとることができないのではなかろうか。
 以上のような状況から、各伝建地区における技術者及び行政担当者を対象に、日本の伝統建築に関する研修会を開催し、町並みを構成する建造物や歴史的建造物の保存技術の向上に資する。

3 主催
 全国伝統的建造物群保存地区協議会・倉吉市・倉吉市教育委員会

4 後援
 文化庁・鳥取県・鳥取県教育委員会・伝統建築フェア実行委員会・中四国伝建協加盟市町村(予定)

5 会場
・倉吉市老人福祉センター大会議室(倉吉市葵町717-3)
・飛龍閣(倉吉市仲ノ町 打吹公園内)
・倉吉市打吹玉川伝統的建造物群保存地区

6 対象
 各伝建地区行政担当者・県内行政担当者・建築士・技術者・伝建地区住民 一般・学生等

7 日程
 10月15日(土)
  13:00~     受付
  13:30~13:45  開会行事
  13:45~14:30 [講義Ⅰ] 
   「伝建制度と修理・修景事業」
    講師 文化庁参事官付主任調査官 熊本達哉 氏
  14:30~15:15 [講義Ⅱ]
   「文化財の修理と活用」
    講師 鳥取環境大学 教授 浅川滋男 氏
  15:15~15:25 休憩
  15:25~15:55 [事例報告Ⅰ]
   「打吹玉川地区の修理事業と課題」
    報告者 堂計画室 代表 生田昭夫 氏
  15:55~16:25 「事例報告Ⅱ」
   「大森銀山地区の修理事業と課題」
    報告者 大田市
  16:25~16:40 休息(会場移動)
  16:40~18:30 「質疑討論・情報交換」
   ☆第一分科会(行政・町並み等担当者)@飛龍閣
    アドバイザー 文化庁 熊本主任調査官
   ☆第二分科会(技術者関係)@倉吉老人センター大会議室
    アドバイザー 鳥取環境大学 浅川教授     

  19:00~21:00  意見交換会(交流会)
    高田酒造醸造蔵(参加費4,000円)倉吉市西仲町2633

 10月16日(日)
  9:00 倉吉観光駐車場集合
    ※自家用車は市役所駐車場をご利用ください。
  9:05~11:00 打吹玉川伝建保存地区修理現場見学
          倉吉大店会建物(修理現場視察)
          伝統建築フェア会場(意見交換等)
  11:00~11:15 倉吉老人福祉センター大会議室へ、休憩
  11:15~11:45 「質疑討論・情報交換」
     アドバイザー 文化庁 熊本主任調査官
            鳥取環境大学 浅川教授
  11:45~12:00    閉会行事
○ 保存技術研修会のまとめ - 文化庁
○ 閉会あいさつ
  12:00       二日目終了

 オプション
  12:15~13:15   昼食(希望者1人1,000円)
  13:15~15:30  三徳山三仏寺(三朝町)見学
            (交通費入山料で一人1,500円)
            ※登山に適した服装をお願いします
  16:00       倉吉市役所及び倉吉駅で解散

7 参加費 一日目の意見交換会(交流会)及び二日目のオプション以外は無料

8 宿泊  各自でお申し込みください

9 事務局 〒682‐8611 倉吉市葵町722番地
      倉吉市教育委員会文化財課     
        担当 眞田・森下・松之舎
      Tel:0858-22-4419 Fax:0858-22-2303

10 参加予定数  行政関係30人、技術関係40人、住民・学生等30人  合計約100人
  1. 2005/10/04(火) 18:01:09|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<尾崎家住宅の調査(第1回) | ホーム | 布団が吹っ飛んだ、どころではありません>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/171-39e9380e

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search