FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

実地研修の日 -町並み保存研修会in倉吉(Ⅱ)

 わたしは何も特別なスピーチしたわけではない。日常的に学生たちに講義したり、市民に対して講演している内容を、ただ繰り返ししゃべっただけなのに、昨夜の高田酒造酒蔵での懇親会や清水庵の2次会では、
 「はっきりとモノをおっしゃる」
 「ずけずけと意見をいう」
 「あれは問題提起なのですか?」
などのコメントを頂戴した。いつものことではあるのだけれども、わたしからすれば、日本の意識の低さを感じさせられる瞬間で、正直がっくりくる。
 今回の講義では、はじめに文化庁の熊本さんが、「文化財としてのオーセンティシティを保つ修景とは<復原的修景>である」ことを強調されたのに対して、わたしは「復原によって材料のオーセンティシティが失われる」ことをたくさんの事例から示した。セメント瓦や錆びたトタンや鄙びた瓦やアルミサッシでさえ、オーセンティックな存在であり、それらを活かした修景が不可能ではないことを述べたのである。復原という行為によって、多くのオーセンティックな材料が失われ、地球環境を破綻に導くおびただしい廃棄物が生まれる。
 二日目は実地研修であった。5軒長屋から大店会、オークランドを経由して、伝統建築フェアの会場へ。生田さんの解説が素晴らしかった。伝統建築フェアの会場は、2年前の火災で焼失した一画で、タクオ&ヤンマーが3年後期に再生計画に取り組んだ場所。ケチをつけてはいけないけれど、これでいいのだろうか。重伝建地区の復興はまだ先のようである。
20051018135410.jpg

20051018135333.jpg


20051018135349.jpg
  1. 2005/10/16(日) 23:31:02|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<河本家での記者発表 | ホーム | 10月15日土曜の出来事 -町並み保存研修会in倉吉(Ⅰ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/179-42b7865c

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search