FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『弥生時代の考古学』6巻 刊行!

弥生時代の考古学拍子 『弥生時代の考古学』6巻「弥生社会のハードウェア」が刊行されました。あれだけ猛烈に催促してくださったわりには結構刊行が遅かったですね・・・

 この巻では「居住の技術-弥生時代」(p.107-125)を分担執筆しました。『縄文時代の考古学』8巻におさめた「居住の技術-縄文時代」の姉妹編です。弥生のほうの出来映えは、縄文に比べればややましですかね。鳥取に赴任以来、妻木晩田、田和山、青谷上寺地にさんざん関わってきましたし、遠くは富山の打出遺跡まで足を伸ばして焼失住居の復元模型を制作しました。なにより、2007年度とっとり「知の財産」事業で採択された「山陰地域の弥生時代建築に関する実証的復元研究」の活動が大きかったですね。そういう最新の成果を「居住の技術-弥生時代」に盛り込めたのは間違いありません。その点、チャックとケンボーには大感謝!です。
 ただ、すっかり田舎教師になってしまい、山陰以外の地域でどんな新しい発見があるのか、正直、よく知りません。だから、まぁ、偏った論考だと言われればそれまですね。

 そういえば、ハマダバダ1号くんも「防塞的集落の展開と機能」(p.220-236)という論考を本書に寄稿しています。かれは4月から異動になりましてね・・・もうすぐ「鳥取学」の講義に来ていただくので、近況を教えていただきましょうか。
 
 以下、図書情報。

  書名: 『弥生時代の考古学』6巻 「弥生時代のハードウェア」(254p.)
  編者: 設楽博巳・藤尾慎一郎・松木武彦
  発行所: (株)同成社
  発行年月日: 2009年4月30日
  定価: 本体5000円+税
  ISBN: 978-4-88621-459-1 C3321

弥生時代の考古学ベルト


  1. 2009/05/16(土) 00:46:54|
  2. 研究室|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第5回「古民家のリサイクル -カマド復元と蕎麦打ち-」(Ⅰ) | ホーム | 『2010大学案内 TUES』(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1791-539a02d9

asa

05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search