FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

舂米の棚田

02つくよね棚田03俯瞰01学生01

 おひさしぶりです。TO.YO です。5 月15 日(金)のゼミでは、氷ノ山へ見学に行ってきました。まず若桜町茗荷谷(みょうがだに)の集落へ。ここは現在の世帯数が6 戸にまで減っています。 私は去年のプロジェクト研究「限界集落アンソロポロジー」のときに茗荷谷集落を一度訪れたのですが、そのときは紅葉していた森が今回は新緑でした。紅葉もいいですが、新緑も清々しくて気持ちが良いです。ぜひとも紅葉の風景と比べてみてください。すぐ側の渓流の音もとても良い感じ…。マイナスイオンがたくさん摂取できそうでした。若桜の特徴である杉林も見られます。
 01茗荷谷03景観01 01茗荷谷02滝01
 茗荷谷の民家は、平野部の農村地域に一般的な田字型(四間取り)ではなく、「竿屋造」と呼ばれる横長長方形の平面です。斜面に対応した建築で、宮崎県や奈良県の山間部の例が全国的には有名だそうですが、若桜にもこういう民家があることを知りました。屋根は切妻造鉄板葺きですが、昔は杉皮葺きだったはずだと先生はおっしゃっていました。

 このような人の生活と自然とが融合した美しい風景ですが、人が誰もいなくなってしまえば、やはり作り上げられていた風景は損なわれ、廃れていってしまいます。こういった建物・杉林・渓流・段々畑を一体としてとらえ、「文化的景観」として保護・再生しようとする動きが全国的にひろがりつつあり、それを学ぶため、先週の「横尾の棚田」に続いて、今週は氷ノ山山麓を訪問したのだと教えられました。
 01茗荷谷01集落01橋01 03伊勢道の道標01

 茗荷谷から少し上に行ったところに、舂米(つくよね)という集落があり、こちらは新しい建物がたくさん建っていて、人口もそこそこいそうな感じがします。じつはこの家並みは氷ノ山スキー場の民宿街でした。昔から峠越えのための宿場街として賑わっていたのだそうです。また、茗荷谷とは違い土地も開けていることから、農地が取り易く、日当たりも良いため、土地利用がし易いことからさびれにくいとのこと。少し距離が離れているだけなのに、一方は「限界集落」化しているのに対して、他方はまだまだ人がいる、という対照性がはっきり分かって印象深かったです。舂米の民宿街からさらに上がって、「舂米の棚田」の全景を俯瞰しました。「横尾の棚田」と同じく、「日本の棚田 百選」に選ばれています。氷ノ山のスキー場の眼下に広がっていて、とても優美です。

02つくよね棚田02看板学生01 天気もよく、青空が水面にうつって綺麗でした。「横尾の棚田」は緩傾斜地に形成され、畦を石積みにしていませんでしたが、こちらは石を積んで段をつくっています。下からみると、石積みも心が和んで良いですね。ここでもオーナー制度を実施しており、年間費3万円で棚田のオーナーになれるそうです。
 ここからまた少し上がっていくと、「氷ノ山自然ふれあい館 響の森」があります。その中心施設である「響きの森」でゼミ生全員が1週間の活動成果のチェックを受けました。建物内にさまざまな展示物があり、氷ノ山の森で見つけられる植物や、動物の痕跡などの写真をみて楽しみました。
 天気にも恵まれ、少し肌寒かったですが清々しい一日でした。(3年 TO.YO )
 02つくよね棚田01眺望01全景 02つくよね棚田03俯瞰02芝桜


*小さな写真をクリックすると画像が拡大されます。


  1. 2009/05/19(火) 00:11:05|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<茶室とツリーハウスの下見 | ホーム | 第5回「古民家のリサイクル -カマド復元と蕎麦打ち-」(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1794-13de0ebb

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search