FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

隠岐出雲巡礼(Ⅲ)

DSC02709.jpg


焼火神社と隠岐の廃仏毀釈

 隠岐2日目(8月5日)。島後から隠岐汽船「しらしま」で西ノ島に渡り、島前最高峰の焼火山(たくひざん)を目指した。昨日の悪天候とは打って変わって、真夏の日差しにフェリーのデッキが心地よい。本日ようやく中国地方も梅雨明けとのこと。島前は、海面上昇にともなって誕生したカルデラ火山の火口部であり、島全体が急峻で地皮が薄い。そのため島内に平野と呼べる地域はほとんどなく、港周辺の平地に集落が形成されている。焼火山の中腹からみた内海(↑)は、カルデラの火口部分が水没した状態をよく示している。

 焼火(たくひ)神社は山腹の絶壁・斜面を利用して本殿と拝殿を通殿がL字形につないでおり、権現造(ごんげんづくり)のバリエーションにみえなくもない。しかし、焼火神社は明治の廃仏毀釈以前、真言宗の寺院「焼火山雲上寺」であった。本尊の地蔵菩薩だけでなく、焼火権現を併祀していたことを評価され、隠岐では唯一建造物の取り壊しを免れ、神社として生まれ変わったのである。
 岩窟からあぶれでるかのように建立された彩色豊かな本殿は、銅板葺の軒唐破風付一間社流造で、床は岩壁に接地しておらず懸造ではない。拝殿は銅板葺の入母屋造妻入で正面向拝に軒唐破風をつける。平面は桁行四間×梁間三間。方位は拝殿と直交する。両者を通殿がつなぐ。

DSC02725.jpg

 建立年代は、本殿が享保17年(1732)、通殿が明治35年(1902)、拝殿が寛文13年(1673)。いずれの建物も複雑に変化を遂げている。修理を担当した原田技師の報告によれば、明治35年の大改修工事の際、本殿は桁から上を6寸持ち上げた状態で内陣内部を大きく変更しているが、桁から上は享保の姿をよくとどめているという。ただし、文政十年(1827)に瓦型銅板屋根の全面葺き替えをおこなったとのこと。ひとつ訝しくおもうことがある。軒唐破風付流造の本殿はあまりに「神社本殿」らしく、廃仏毀釈以前の仏堂の姿としてふさわしくない。私見ながら、軒唐破風付流造の屋根は廃仏毀釈運動にともなってなされた明治期(おそらく明治35年)の大改修の一つではないか。
 通殿が明治35年の新築であることはすでに述べた。ただし、寛文13年の棟札には本殿・通殿・拝殿が一連で記載されており、元から屋根のかかった廊下が存在したのであろう。拝殿は17世紀に遡る建築で、内陣の虹梁絵様は時代の様式をよく示している(↓左)。その一方で、向拝の絵様は18世紀前期の様式を示しており(↓右)、文政十年の屋根葺き替え時の増設とみるべきだろう(軒唐破風をつけたのは明治35年かもしれない)。
 01タクヒ拝殿内陣絵様01 01タクヒ向拝絵様01

 さて、問題は廃仏毀釈以前の「焼火山雲上寺」についてである。
 縁起によると、一条天皇のころ西ノ島の海上に夜、あかあかと燃えさかる火があり、それが数日間続いた後に飛行し、島前最高峰の大山(現在の焼火山)に入った。驚いた村人はこれを追って登ってみると、山頂近くに高さ数十メートルの岩壁がそそり立ち、あたかも「仏像」のように見え、村人はこれを拝み、一宇の堂を建てて祀ったのが始まりだという。さて、現状の本殿をおさめる岩窟は当初から存在したのか、「一宇の堂」とは何にあたるのか。村人が大きな岩壁を仏像に見立てて祀ったという縁起を鵜呑みにするなら「一宇の堂」が存在したことになる。ここにいう「堂」は「建築」を意味するのか、それとも仏龕(ぶつがん)型の岩窟を意味するのか、あるいはまた両者が複合したものなのか。昨日、黒帯が「壇境の滝」の絶壁に残る小さな岩窟型仏龕をみて摩尼寺「奥ノ院」の岩窟に想いを馳せたように、わたしも摩尼寺のことが頭に浮かんで離れなくなってしまった。

01タクヒ隣の岩窟



 というのも、本殿岩窟の脇に小型の岩窟がみえたからだ(↑↓)。縁起にいう「一宇の堂」とは、あるいはこの小さな岩窟型仏龕をさし(正面に小さな懸造を伴ったか?)、いま本殿を納める大きな岩窟 -それは若桜の不動院岩屋堂を彷彿とさせる- は、やや遅れた時代の発展した姿を示すものかもしれない。

DSC03208.jpg 太田博太郎監修『日本建築様式史』(美術出版社)のなかで、松崎照明が次のように述べている。
 奈良時代以来の雑密系観音霊場に、験仏と呼ばれる霊木で造られた仏像や、その仏像の立つ岩座(いわくら)の霊験をうたう寺院があらわれ、貴賤の信仰を集めていたらしく、それまで僧が修行する仏堂だけのものが、この時期に霊験をもとめて参詣参籠する人びとのために礼堂が増築された。しかし信仰対象とそれを覆う仏堂は移動せず、前面に礼堂を造るため懸造の舞台や礼堂が造り出された。
 神祗信仰のアニミズムと山岳仏教の混合による懸造の誕生はここにあるというわけだ。はたして岩窟寺院のルーツは懸造と同時なのか否か。黒帯がいうように、山陰地方に残る岩窟寺院をこつこつと調べていくしか推定の手だてはないかもしれない。

IMG_4879.jpg

 焼火神社の建築と風景の迫力に圧倒され、物想いに耽っていると、神主さんがあらわれた。教授とは旧知の仲であり、ご親切にも拝殿内部をご案内いただいた。山に上がってこられるのは週に2度だけとのことで、昨日の不調が嘘のようにさい先よい幸運にめぐまれた
 神主さんから隠岐の廃仏毀釈について詳しい話をうかがった。すでに述べたように、隠岐の諸寺で建物の撤去を免れたのは焼火山雲上寺だけである。島後の壇鏡ノ滝も、廃仏毀釈によって解体された寺院のご本尊を、瀑布背面の岩窟に祀ることで最悪の事態を逃れたといわれている。雲上寺の場合、もとから地蔵菩薩と焼火権現を併祀していたことで打撃を免れ、名称を焼火神社に改め、神社として残る道を選択したという。他の寺院では、すべて建造物が取り壊され、僧は還俗させられるか、隠岐から追放され財産を没収されたとのこと。

IMG_4971.jpg

 そうこうしているうちに、西の島から中の島に移動する時間が迫ってきた。中ノ島の滞在時間も短いので、神主さんに訪れるべき場所について訊ねたところ、「金光寺山」を推薦された。金光寺も廃仏毀釈で壊滅的な打撃をうけ、いまは島前全体をみわたす森林公園(↑)となっているにすぎないが、たしかにそこからみる眺望は圧巻であった。同じ中の島では、名水百選の「天川の水」も訪れた(↓)。こちらも元は密教寺院の境内門前にあたるところで、少し上がった墓地の前には平坦地がひろがっていた。おそらく旧本堂の跡地であろう。おもむろに隠岐島前・島後の地図をひろげてみるが、目につくのは「神社」ばかりで「寺」は一つもみあたらない。焼火神社は廃仏毀釈前の寺院建築として、隠岐の島に残る唯一の建物といえると同時に、自然の魅力を大きく引き出す建築のあり方を示す貴重な歴史遺産であるといえるのではないだろうか。
 それにしても摩尼寺奥ノ院と焼火神社は何か共通点があるように感じてならない。じつは、県指定文化財の摩尼寺仁王門は焼火神社から移築されたと言われている。移築年代は不明ながら、「廃仏毀釈」にともなう財産委譲とみるのが無難ではないだろうか。真言から天台への移築なんてありうるのか、と思えるけれども、摩尼寺「奥の院」に向かう山道の脇には弘法大師空海を祀る六角円堂も建っていた。真言と天台の対立が遠い記憶の彼方に飛んでいってしまったころに、仁王門の移築がなされ、空海を祀る円堂が建てられたということなのだろう。(Mr.エアポート)

IMG_4979.jpg


  1. 2009/08/11(火) 00:24:09|
  2. 建築|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<隠岐出雲巡礼(Ⅳ) | ホーム | 隠岐出雲巡礼(Ⅱ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1886-541bdafc

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search