FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

第5回「修験道トレッキング -山の歴史をあるく-」

R0017813.jpg


千手院「窟堂」の発見!

 10月29日(木)。今回は八頭郡八頭町柿原にある岩窟を探検してきました。前週、不動院岩屋堂を訪問した際、管理人のYさんからたくさん資料をいただき、「岩屋堂の岩窟と柿原の岩窟が通じている」という伝説を伺ったので、今回ぜひ柿原の岩窟を訪問してみようということになったのです。ところが、この岩窟は有名でなく地図にも載ってないため、場所が分かりません。

 Yさんからいただいた資料によりますと、柿原岩窟の伝承の概要は以下のようなものです。

  「洞穴は横約2m、高さ約3.6m、奥行き3.6mであり、中に千手観音が
  祀られていた。この洞穴の中にはもう一つ小さな洞穴があり、それは
  若桜町の岩屋堂にある洞穴に通じている。この全長20kmもある長い
  洞穴の中には昔から金色の鶏が住んでいると言われ、柿原地区で
  鶏を飼うといつの間にか鶏は姿を消してしまう。そのため柿原地区では
  決して鶏を飼わないようになった。」

 僕は以前この近くに住んでいて、トレッキング前日に岩窟探索に行って来ました。まず、柿原集落を一回りしてみましたが、それらしい場所は見当たりませんでした。そこで少し山を下り、地元の方に尋ねてみることに。丁度道ですれ違った方に話を聞いてみると、偶然にも郷土の歴史に詳しい方だったようで、岩窟へ登る道まで案内していただきました。そして、無事岩窟を発見することができ当日の案内係を任せられました。

DSC_7386.jpg

 そして、トレッキング当日。今回は目的地までさほど距離がなく、車を降りて5分程の所でした。ですが道には竹などが倒れていたりして進みづらかったです。そして、岩窟に到着。伝承によると、洞穴の大きさは横約2m、高さ約3.6mとのことでしたが、実際に計測してみると横6m、高さ6mもある大きなものでした。摩尼寺奥の院の岩窟よりも一回り大きく、先生や先輩方によると、隠岐・出雲・伯耆・因幡でみた岩窟(中に建物を含まないもの)のなかでは最大とのことです。岩窟の中には梵字と漢数字(番付?)が彫られた幅20cm、高さ30cmほどの石が意味ありげに立て掛けてあったり、倒れていたりしました。千手観音像はすでになくなっていましたが、梵字の存在からして、ここが仏教の遺跡であることは間違いないでしょう。
 さらに岩窟の下側には、石垣で囲まれた平坦面(加工段)が段畑のように連なっています。平坦な敷地は4段ぐらいに分かれていて石段でつながっています。摩尼寺奥の院のように建物の礎石はみられませんでしたが、先生によれば森林の落ち葉の腐食土によって覆われているだろうから、発掘調査すれば仏堂の遺構がみつかるだろうとのことです。地名辞典によりますと、この岩窟周辺にはかつて「千手院」という寺院があり、それは「窟堂」と通称されていたそうです。規模から言えば、摩尼寺奥の院や広瀬廃寺よりもはるかに大きく、往時の隆盛が偲ばれます。
 DSC_7384.jpg R0017831.jpg



R0017852.jpg

 次にこの岩窟の歴史をヒアリングによって調べることになりました。まず柿原集落(↑)をたずねてみたのですが、柿原は3年前から完全に廃村化しており、なんの情報も得ることができませんでした。やはり、お寺のことはお寺の方に聞くしかない、ということで、柿原地区ともっとも近いところにある清徳寺に向かうことになりました。行基開基伝承をもつお寺です。

 清徳寺には行ったのですが、残念ながら住職の方はお留守にされていました。そこで、たまたま境内近くに立ち寄られた農村の方にお話をうかがいました。その方の話では、やはり窟堂はあまり有名なものではないらしく、よく分からないとのことですが、自分が子どものころ(30~40年前)まで黒住教の教会があったそうです。そういえば、道路に近い敷地には現代のコンロや茶碗がころがっていました。黒住教の教会の遺物なのでしょう。

DSC_7458.jpg 大学への帰路、保木本家住宅のある小別府の新興寺に寄ることになりました。やはり行基開基伝承をもつお寺です。ご住職のお話では、やはり窟堂について詳しいことは分からないとのことでした。
 そこで一つの発見をしました。境内の看板に新興寺の「奥の院」(金峰山金剛寺跡)の位置が記されており、当初の寺領も非常にひろく修験道の舞台であることが分かったのです。そこで、来週のトレッキングは新興寺の奥の院へ行こうかと考え始めたのですが、ご住職自身の経験によると、すでに「道らしい道はなく登山は困難」とことなので断念することになりました。とても残念でしたが、奥の院に関係する書籍はないかとご住職に尋ねると『新興寺部落誌 北斗の星』を持ってきてくださいました。しかも、この書籍は僕の祖父が編集したものだとわかり、とても驚きました。
 看板 DSC_7489.jpg

 今回、柿原の「窟堂」に関する情報を得ることはできませんでしたが、先生はゼミの3年生と院生で測量しようと提案されていました。そうなれば、1・2年生も協力しないわけにはいかないでしょうね。

 次回は霊石山にトレッキングです。近くを通ったことは度々あるのですが、登ったことはないので非常に楽しみです。(環境政策経営学科1年 K.F)

  1. 2009/11/02(月) 00:47:50|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<ライバル 福原愛 | ホーム | 古材倉庫から素屋根へのリサイクル>>

コメント

これは大発見!

初期岩窟型仏堂が中国石窟寺院のミニチュア化だという仮説がさらに膨らんでいきました。
  1. 2009/11/01(日) 21:39:01 |
  2. URL |
  3. asax #90N4AH2A
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1971-d308f357

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search