FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第12章

第12章 詩の会「海棠社」
p.72-77:今城訳

 1.金釧(王夫人の女中)が死んだので、王夫人の部屋では女中が一人減って
   しまった。ある日、鳳姐(王熙鳳)は王夫人のところへ行って、この欠員を誰かで
   埋めたらどうかとたずねた。折よく、薛おばさん母子と林黛玉がみなそこにいた。
   王夫人は言った。
   「代わりの人は必要ないわ。余ったお金は玉釧(金釧の妹で王夫人の女中)に
   与えてね。」

 2.この時、王夫人は鳳姐が女中の月々のお給金をピンはねしていると
   よく噂で聞いたのを思い出したので、鳳姐にカマをかけてみた。
   鳳姐は、はぐらかして去っていった。
   【セリフ】
    王夫人:「おととい、私は誰かから銭が一刺し足りないと言っているのを
        聞いたような気がするわ。」

 3.王夫人の部屋を出て、鳳姐はいちど冷笑し、歩きながら罵った。
   「あなたたちに不平をこぼされるのなら、そのうち、いっそのこと
   みんなのお給金を差し引くわよ。」

 4.この日、探春は賈宝玉と姉妹に招待状を出し、詩社(詩の会)を
   つくろうと提案した。みな、秋爽斎(探春の住居)に集まり、
   詩の会の組織について話し合った。

 5.林黛玉は言った。
   「詩の会を起こすのであれば、私たちは詩翁(詩の達人)になるわけだから、
   ペンネームを考えなければならないわ。」
   みなが賛成して、各々りっぱなペンネームを考えた。
   【セリフ】
    林黛玉:「私たちはまず姉、妹、弟、兄嫁なんていう
          呼び方を変えてこそ風流だわよね。」

 6.李恕l(賈宝玉の亡兄の賈珠の未亡人)は詩の会の主宰になることを
   買って出て、迎春、惜春は韻を決める役と進行役を分担した。
   多くの人と相談して、毎月2回集まることに決めた。 

かいどうimages 7.探春は言った。
   「詩の会を始めると私が言い出したのだから、
   今日はまず私から一句始めましょう。」
   そこでみな海棠(かいどう)花を題目として、
   詩を作り出した。
   即座に、探春、薛宝釵は書き上げた。




 8.賈宝玉は焦って回廊上をそぞろ歩いていた。時間切れ直前に、
   林黛玉はようやく筆を執り、一気に書き下ろした。

 9.李恕lは、みなの詩を一通り批評した。探春は詩の会を「海棠社」と
   名付けることを提案し、みなこれに同意した。
   【セリフ】
    探春:「私たちは海棠の詩で始まった。だから、海棠社と名付けましょうよ。」

10.詩の会が解散した後、賈宝玉は史湘雲を呼ぶのを忘れていたことを
   思い出したので、即刻賈母のところへ駆けつけると、騒々しく使いの者を
   行かせて史湘雲を連れて来させた。

11.次の日の昼、史湘雲はやって来た。彼女は笑いながら言った。
   「私は遅れてきたので、明日、私が主宰になって詩の会を開きましょう!」

12.夕方、薛宝釵は史湘雲に傷「蕪院に来てもらい、主宰や詩の題目の件について
   相談し、併せて賈母などの方々もお招きすることを決めた。

13.次の日、宴席が配置し終わり、賈母などの方々が藕香薯ン(探春の住居)に到着した。
   鳳姐はあわただしく切り盛りし、その上、折につけ賈母の接待をした。

14.食事の後、賈母たちは帰っていった。史湘雲はまた食後の酒と果物を
   テーブルに並べ、題目を柱の上に掛け、みなに題目を選ばせて詩を作らせた。

15.詩がみな書き終わり、李恕lは批評を述べた。
   「林黛玉の詩は題目が斬新で、着想も巧みであり、今日の出来は黛玉が一番です。」

16.この時、鳳姐は平児(鳳姐の女中)を派遣して食べ物を取りに来させた。
   李恕lは、別の人に食べ物を鳳姐へ届けに行かせ、残った平児と談笑した。

17.詩の会が解散して、襲人(賈宝玉の女中)は平児に、どうして月のお給金が
   支給されないのか尋ねた。平児は彼女に、鳳姐がピンはねして高利貸しを
   していることを教えた。
   【セリフ】
    襲人:「まさか、彼女が使うお金が足りないわけでもあるまいし。
       満足というものを知らないのね。」


*この翻訳シリーズは以下のサイトでご覧いただけます。

  『紅楼夢』翻訳 オリエンテーション
  『紅楼夢』翻訳 第1章
  『紅楼夢』翻訳 第2章
  『紅楼夢』翻訳 第3章
  『紅楼夢』翻訳 第4章
  『紅楼夢』翻訳 第5章 
  『紅楼夢』翻訳 第6章
  『紅楼夢』翻訳 第7章
  『紅楼夢』翻訳 第8章
  『紅楼夢』翻訳 第9章
  『紅楼夢』翻訳 第10章
  『紅楼夢』翻訳 第11章
  『紅楼夢』翻訳 第12章
  『紅楼夢』翻訳 第13章


  1. 2009/12/02(水) 00:29:36|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<第9回「修験道トレッキング -山の歴史をあるく-」 | ホーム | 世界遺産「開平の望楼と村落」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/1998-6075c783

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search