FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第14章

第14章 大観園の道化
p.82-87:今城訳

 1.賈母は史湘雲の宴席でご馳走になり、また劉ばあさんを連れて大観園を
   ぶらぶらしたいと思ったので、王夫人や賈宝玉や多くの姉妹たちを
   部屋に呼んで、史湘雲へのお返しの宴席について相談した。

 2.賈宝玉は言った。
   「私は一つ考えがありますが、どうせ外からのお客はい来ないので、
    いっそのことみなの好きな食べ物の中からいくつかを選び出し、
    それぞれの人の近くのテーブルに並べて自分で食べれば
    よいのではないでしょうか。」
   賈母はこれを聞き、賈宝玉の言う通りに料理をつくるよう厨房に命じた。

 3.翌日の早朝、李恕lはまさに使用人がテーブルを運ぶのを
   見ているところだった。劉ばあさんと板児は早々に大観園にやってきた。
  【セリフ】
    李恕l:「気をつけて、ぶつかって壊してはだめよ。」

 4.このとき、賈母がやってきた。李恕lは出迎えて言った。
   「おばあさまは嬉しくて、早くいらしたのでしょうが、
    私はちょうど菊の花を届けようとしていたところだったんですよ。」

 5.このとき、菊の花を持ってくる人があり、賈母は大きく赤いのを選んで
   髪の上に挿し、劉ばあさんに対して言った。
   「こちらへ来て花を挿しなさいよ。」

 6.鳳姐(王熙鳳)は劉ばあさんを引き寄せて、笑いながら言った。
   「私にあなたのヘアメイクをさせてよ。」
   そう言い終らないうちに、大皿に並べてあった菊の花を彼女の髪に挿した。

 7.談笑をしている間、みなはすでに沁芳亭まで到着していた。
   賈母は柱にもたれて腰を下ろし、劉ばあさんも傍らに座らせて、問うた。
   「この庭はどう? 良いでしょう?」
   劉ばあさんは庭中の景色に対し、絶賛してやまなかった。
  【セリフ】
    賈母:「この庭は良いでしょう?」
    劉ばあさん:「絵画よりもこの庭のほうが十倍優れていますね。」

 8.賈母は惜春を指さしながら言った。
   「私のこの孫娘は絵を描くのが上手ですので、彼女に庭の絵を描かせて
    あなたに1枚差し上げましょうか?」

 9.劉ばあさんはこれを聞き、惜春を引き寄せながら言った。
   「あなたは容姿端麗で、おまけにこのような才能があるなんて、
    神仙の生まれ変わりなの?」

10.みながこれを聞き、大笑いがやまなかった。賈母は劉ばあさんを連れて
   あちこち歩き、一通り観賞しながら、秋爽斎にやってきて宴席に加わった。


11.食事の前に、鴛鴦(賈母の侍女)は劉ばあさんを呼び、ひそひそと
   彼女にあるフレーズを伝えた。さらに、これを言うのが賈府の規則だと言った。
  【セリフ】
    鴛鴦:「これは私たちの決まりで、間違えば笑いものとなりますよ。」

12.食事が始まった途端、劉ばあさんはすぐに立ち上がって言った。
   「劉ばあ、劉ばあ、食べる量は牛の如し。
    年老いた雌豚の肉でもかぶりついて、顔も上げない。」

13.みなはこれを聞き、あははっと大笑いをした。史湘雲は笑ってご飯を噴き出し、
   林黛玉は笑って呼吸が苦しくなり、賈宝玉はひっくり返るほど笑って
   賈母の膝に頭を落とした。
  【セリフ】
    賈母:「可愛い子だわねぇ。」

14.少したって、賈母はみなにご飯を食べようと呼びかけた。劉ばあさんは
   たびたびおどけた話をして、みなが彼女のおかげで楽しい気分になった。

15.食事が終わり、賈母はみなを連れて庭を一回りした。
   綴錦閣(てっきんかく)では酒令(宴席に興を添えるための遊び)をして
   酒を飲み、鴛鴦が令官(酒令の進行役)を担当した。劉ばあさんのした
   酒令は俗っぽくて面白く、みなしきりに笑っていた。

16.このとき、対岸の藕香薯ンからかすかに音楽が聞こえてきて、
   劉ばあさんは酒をたくさん飲んでいたので、音楽を聞いて喜んで踊りだすのを
   禁じえなかった。

17.林黛玉はそれを見て、劉ばあさんをからかって言った。
   「昔、聖楽が奏でられたとき、百獣が一斉に舞い踊ったけど、
    いまはただ一頭の牛がいるだけね。」


*この翻訳シリーズは以下のサイトでご覧いただけます。

  『紅楼夢』翻訳 オリエンテーション
  『紅楼夢』翻訳 第1章
  『紅楼夢』翻訳 第2章
  『紅楼夢』翻訳 第3章
  『紅楼夢』翻訳 第4章
  『紅楼夢』翻訳 第5章 
  『紅楼夢』翻訳 第6章
  『紅楼夢』翻訳 第7章
  『紅楼夢』翻訳 第8章
  『紅楼夢』翻訳 第9章
  『紅楼夢』翻訳 第10章
  『紅楼夢』翻訳 第11章
  『紅楼夢』翻訳 第12章
  『紅楼夢』翻訳 第13章
  『紅楼夢』翻訳 第14章
  『紅楼夢』翻訳 第15章

  1. 2010/01/04(月) 00:00:49|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『紅楼夢』第15章 | ホーム | 奈良の史跡から新年のご挨拶>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2027-8ffd11ea

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search