FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

『紅楼夢』第15章

第15章 鏡の内側
p.88-95:岡垣訳

 1.賈母は体に疲れを感じたので、休息をとるため稲香村に行って休みたいと思った。
   鳳姐(王熙鳳)はあわてて人を呼び、竹の椅子を持ってきて賈母がその上に
   座るのを手助けするように命じた。二人の侍女が賈母を担ぎ、鳳姐、鴛鴦たちは
   その後をついて行った。賈母の面倒をしおえると、鴛鴦はまた劉ばあさんを
   訪ねて来た。

 2.鴛鴦は劉ばあさんを連れていろんなところを歩き回った。一同もみな、
   後について冗談を言った。しばらくして「省親別墅」という牌坊の下に到着した。

 3.劉ばあさんは寺廟だと思い、腹ばいになって叩頭の礼をし、さらにまことしや
   かに言った。
   「この牌楼の上の字ぐらい、私もすべてわかりますよ。」

 4.続けて劉ばあさんは、自信満々に言った。
   「これは、まぎれもなく「玉皇宝殿」の四文字ですよ。」
   一同は、手をたたき足を踏み鳴らして笑った。

 5.突然、劉ばあさんは腹が痛みだしたので、すぐに侍女を探して彼女を連れて
   お手洗いに行った。侍女は、劉ばあさんにその場所を教えると、すぐに戻って
   行った。

 6.劉ばあさんは少し腹を下し、長い間しゃがんでいたが、やっと終わったので、
   やおら立ち上がると、頭がくらくらして目が眩み、帰り道がわからなくなった。

 7.劉ばあさんは道なりに歩いて行った。やっとのことで一つの入口にたどり着き、
   ただ頭に花を挿した老婆が部屋に入るのが見えた。

 8.劉ばあさんは笑って言った。
   「あなた世間を知らないにもほどがあるでしょ、頭に花を挿すなんて。」
   その老婆は笑うばかりで返事をしなかった。

 9.劉ばあさんは、富貴な家柄には姿見の鏡があることをとっさに思いつき、
   心の中で考えた。
   「鏡の中にいるのは私かもしれない!」

10.劉ばあさんが触れると、やはり鏡だった。まさか鏡の上にスイッチがあるとは
   誰が知ろうか、劉ばあさんは無意識のうちにそれを押し、別の部屋に入って
   いった。


11.劉ばあさんは驚き喜ぶと、一組の手の込んだつくりの寝台とカーテンを目にした。
   このとき、劉ばあさんはかなり酔っており、そのうえ歩き疲れていたので、寝台
   の上に尻をおとし、横になるや否や熟睡してしまった。

12.板児は、劉ばあさんが見あたらないので、いらだってずっと泣いていた。襲人は
   劉ばあさんが、道を間違えて怡紅院に入ったのではと心配になり、すぐさま見に
   戻った。
   【セリフ】
    板児:「おばあさん、おばあさん、おばあさんが恋しいよぉ。」

13.襲人は部屋に入ると、劉ばあさんが手足を投げ出して寝台の上に仰向けに
   なって寝ているのが見え、急いで彼女を目覚めさせ、彼女にお茶を注いで
   酔いをさました。

14.襲人は劉ばあさんに、いくつかのフレーズを言い聞かせ、すぐに彼女を
   一同の前に連れて行った。このとき、賈母はすでに夕食を並べるように命じていた。
   【セリフ】
    襲人:「あなたは、山の石の上で居眠りをしていたと言うのよ。」

15.夕食を食べた後、劉ばあさんは板児を連れながら、鳳姐に別れを告げた。
   鳳姐は、劉ばあさんに自分の娘の名前を付けさせた。

16.劉ばあさんは、鳳姐の娘に「巧姐」と名づけた。翌日の早朝、劉ばあさんは
   たくさんの包みを持って家に帰った。

17.九月二日は鳳姐の誕生日で、賈母は一同を呼び集め、貧乏な家庭のまねをして
   鳳姐の誕生日のお祝いに、お金を出し合って贈り物をしようと提案した。その
   うち鳳姐と仲の良い者は、そのよい関係が続くことを心から願い、鳳姐を恐れる
   者は、お世辞を言おうと賈母は強く望み、みな喜んで賛同した。

18.みなであわせて150両の銀を集めた。賈母は宴席の準備を尤氏に任せることに
   した。

19.翌日、尤氏が車で栄国府にやってきて、鳳姐から銀をもらい受けた。

20.九月二日は(死んだ)金釧の誕生日でもあった。この日の早朝、
   賈宝玉は全身白絹の服を着て、下男をつれ金釧の追悼、拝礼をした。

21.戻ってきた後、賈宝玉はすぐさま華やかな礼服に着替えた。
   ホールに入り、彼は鳳姐に誕生の祝辞を述べ、みなは酒を飲み
   観劇し続けた。

22.この日、鳳姐と平児はちょうどおしゃべりをしていたところ、
   たくさんの姉妹がやってくるのが見えた。

23.探春は言った。
   「詩の会は本来、四人の妹に進行をまかせていましたけれど、
   惜春は絵を描くので休みをとりたがっているから、私たちは
   あなた(鳳姐)に進行役をお願いしようと思うのよ。」

24.鳳姐は言った。
   「私は、詩を作ることはできません。あなたたち、私にお金をださせ
   ようとしているわね!」
   しばらく談笑した後、鳳姐は承知した。



*この翻訳シリーズは以下のサイトでご覧いただけます。

  『紅楼夢』翻訳 オリエンテーション
  『紅楼夢』翻訳 第1章
  『紅楼夢』翻訳 第2章
  『紅楼夢』翻訳 第3章
  『紅楼夢』翻訳 第4章
  『紅楼夢』翻訳 第5章 
  『紅楼夢』翻訳 第6章
  『紅楼夢』翻訳 第7章
  『紅楼夢』翻訳 第8章
  『紅楼夢』翻訳 第9章
  『紅楼夢』翻訳 第10章
  『紅楼夢』翻訳 第11章
  『紅楼夢』翻訳 第12章
  『紅楼夢』翻訳 第13章
  『紅楼夢』翻訳 第14章
  『紅楼夢』翻訳 第15章

長らくご愛読いただきましたが、今回をもって絵本版『紅楼夢』の輪読翻訳はいったん打ち切らせていただきます。昨年11月以降の騒動に加え、受講生一名が入院するというハプニングが発生し、翻訳の進捗が思うに任せませんでした。また突然復活するかもしれませんので、期待しないでお待ちください。


  1. 2010/01/05(火) 00:01:12|
  2. 小説|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<続・VANギターの修復 | ホーム | 『紅楼夢』第14章>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2028-19cd7dd0

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search