FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

P2&4 「修験道トレッキング ―山の歴史を歩く」発表会

0121発表会01


発表会を終えて

 今日のブログはミッキーが担当します。

 2010年1月21日(木)。待ちにまったプロジェクト研究2&4の発表会がありました。ぼくたちのグループは「修験道トレッキング」についての発表でした。以下が発表順と発表内容です。

 1.1095044 藤山千愛「はじめに -山陰の密教と修験道-」
 2.1095035 永井綾美 
   1082012 檜尾 恵「摩尼山と摩尼寺奥の院」
 3.1094027 瀬尾 翼
   1094039 藤田恭右「不動院岩屋堂と岩屋山千手院」
 4.1082015 谷川寛晃「おわりに -二重構造の縁起と初期仏教エリア-」

 会場には新聞記者さんも来ており、普段とは違った雰囲気の中での発表でしたが、以前から発表練習を繰り返していたため、みんな緊張することなく上手く発表することができました。

 今回のプロ研では、先生の厳しいながらも愛のあるムチのおかげで、みんな以前よりも成長できたと思います。初めは、みんな先生の気迫に圧倒されていました。「正直怖かった…」と言っていた人もいます。しかし、ムチだけではなく、時にアメを与えてくれる先生に女の子たちはうっとり…したのかな? 男連中もうっとり…ではなく、みんな今では頼れる先生として慕っています。
 プロジェクト研究に関しての各自の感想を以下に記載します。

0121発表会02


山で焼き芋をしたり、古民家で講義をしたり
 私は今回のプロ研を通して、山が持つ歴史、仏教との関わりなど様々なことを学ぶことができました。大変なこともありましたが、山頂で焼き芋をしたり、古民家で講義をしたり貴重な経験もさせてもらいました。とても印象深いプロジェクト研究になったと思います(環境マネジメント学科1年 藤山千愛)

大変でしたが、楽しかった
 このプロジェクト研究は、とても大変でしたが、情報を得るための様々な方法(やパワーポイントの作り方)など役に立つことを知ることができました。山登りは、道なき道を登ったこともありましたが、楽しかったです。(環境マネジメント学科1年 永井綾美)

スケッチは細かい観察
 トレッキングを初めて体験し、思っていた以上に険しい道を進むこともあったので、大変だった。でも、実際に自然の中を歩いて、歴史を見て学んだり、照らし合わせたりすることは、とても実感が湧き、興味深いものだった。また、スケッチをすることで、建物や岩などの細かい部分まで意識して見ることができ、改めて構造や形を見直すこともできた。山の歴史は難しく感じたけれど、知らないことばかりで、勉強になった。(環境デザイン学科2年 檜尾恵)


0121発表会05復原スケッチ




0121発表会03


探偵ナイトスクープのように
 自分は海や山などの自然が好きで、仏教などの宗教にも興味があったため、今回このプロ研を選びました。
 その中で、今回自分が担当した「不動院岩屋堂」と「岩屋山千手院」については、文献等が残っておらず、調査が大変でした。しかし、探偵ナイトスクープのように、ヒアリングをおこなっていくと、思いがけない発見や出会いがあり、普段大学の中にいるだけでは得られなかった貴重な体験ができました。
 また、それによって今まで分かっていなかった事実を突き止めた時は、自分たちの努力が報われたのだと思い、感激しました。ヒアリング調査に協力していただいた、山根さん、西浦さんをはじめ、今回の研究に協力していただいたすべての方々に感謝したいと思います。(環境政策経営学科1年 瀬尾翼)

千手院の正体?
 あまり知られていないような場所を調査するという作業は面白いものだった。しかし、千手院の詳しい歴史を探ることができなかったことが残念だった。(環境政策経営学科1年 藤田恭右)

難しい内容だが、自分なりの理解ができた
 山を登ったり、図書館で調べ物したり、発表練習をしたりと濃い内容で後期のプロ研をすることができたと思う。毎回違う場所じゃなく、調査がまだの場所には何回か足を運んでみたりして分かったことも多くあった。
 難しい内容で、正直理解に苦しんだこともあったが、先生や研究室の方のご協力もあり、自分なりの理解ができ発表することができた。ありがとうございました。(環境デザイン学科2年 谷川寛晃)

 このように、「大変だった」「難しかった」という感想が目立ちますが、その分だけ得られたものも大きいはずです。これでこのプロ研は終了し、メンバーは解散しますが、今回得られた技術や経験はそれぞれの今後に役立つと思います。ぼく自身も今回得られた技術を今後につなげていきたいと思います。
 正直、これで解散するのは名残惜しい。そう考えていると…なんと先生が、反省会を兼ねた打ち上げを開いてくれました。場所は「ダウラ」という紅茶喫茶でした。紅茶はもちろんのこと、お菓子がとても美味しく、最後まで楽しく過ごせるプロ研でした。(ミッキー)

0121発表会04


*昨年の「限界集落アンソロポロジー」発表会とぜひ比較してください。どうやら、今回のほうが難しかったようですね。わたしも<密教とは何か>と問われれば???だな、正直・・・(教師)


  1. 2010/01/23(土) 00:00:57|
  2. 講演・研究会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<千手院窟堂の謎(Ⅰ) | ホーム | さおびきどっこ(Ⅳ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2058-8ffb65ca

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search