FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

鳥取城三ノ丸高等学校プロジェクト(Ⅰ)

100129天球丸01

 29日(金)。鳥取城天球丸の整備現場に行ってきました。石垣の解体にともなって消えてしまった郭端部の遺跡を再現整備する工事中の現場です。当初は柵で囲って遺構面には降りられないように計画されていたのですが、それは遺構ではなくて、遺構のレプリカでしかないのだから、芝生の緩斜面を歩いて疑似遺構面まで降りられるように計画変更されたものです。礎石や縁石のように並んでいる石たちは、出土した石ではなく、出土した石に似せた石を探してきたものです。
 天球丸には懐かしい想い出がありますね。いまは某地方紙の「記者」となって活躍している2期生のノビタ14.5号が、デザイン系研究室からASALABに移籍するきっかけになった遺跡でして(「移籍」と「遺跡」の駄洒落はどこかで使いましたね?)、「ノビタがのびた」のは4年半も前のことなのだから、まさに光陰矢の如し。以来、毎年のように、石垣修復の状況をお知らせしてきました。そのプロセスをまずはご覧ください。

    2006年8月9日  2007年9月22日  2008年8月8日

 天球丸の郭から見下ろすと、われらが母校の全景が目に映る。「わが母校」ではなくて、「われらが母校」と書くのは現場を案内してくれたH技師の母校でもあるからです。残念ながら、美しい建物だとはとても言えませんね。われらが母校が再建か移転かで揉めているのは県民ならみなご存じでしょう。再建で落ち着いたかにみえていた静閑さが昨秋、突如崩壊。その弾きがねとなったのが三の丸の下側でみつかった籾蔵跡です。春先のゼミで見学し、夏休みには松岡先生と一緒に視察したあの遺跡。高校のアリーナ(体育館)を建設する事前調査として約2000㎡を発掘した結果、そこから7棟の籾蔵跡やら近代の遺跡やらいろんなものがみつかって、県の文化財保護審議会は大騒ぎとなり、県教委に対して異議申立書が提出されたはずです。

 わたしにとって、いま最も重要なことはアシガルの卒業制作「鳥取城三ノ丸高等学校-史跡と共存する校舎の設計-」です。ASALABは移築派にも、再建派にも加担しません。今年度ASALABは、わが母校をまるごと「遺構露出展示館(覆屋)+史跡公園」に衣替えするプロジェクトを密かに進めてきました。そのお披露目は2月下旬の卒業研究展(@とりぎんホール)に迫ってきているのです。母校の機能はそのまま残します。校舎として健全かつ機能的な性能は当然満たさなければなりません。しかし、校舎の内外に遺構露出展示や復元レプリカ表示を散りばめ、内堀からみえる景観は復原的にデザインします。それら復原的施設は一種の遮蔽装置でもあり、城下から校舎の内側はまったくみえないようにします。校舎は事務・職員棟を木造平屋建、教室を低いRC造の2階建瓦葺とし、両者を「玄関+中庭+食堂」ゾーンで繋ぎます。食堂ゾーンは一種の覆屋でもあり、その中心に地下遺構を露出展示します。中庭には芝生をはって三ノ丸の礎石や縁石のレプリカを配します。

100129天球丸03



100129籾倉01


「籾蔵サイトパーク」構想

 籾蔵の出土地は「籾蔵サイトパーク」として整備します。長田神社側に入口を設け、正面にガイダンス施設兼覆屋を設置して、内部に籾蔵の遺構を部分的に露出展示します。残りの遺構は盛土して保護し、芝生の上にレプリカ展示します。また、籾蔵を1棟復原建設します。「橋津の藩倉」に倣えば、復原はさほど難しくない。文化庁の整備マニュアルでは、復原建物を遺構の直上に建てることになっていますが、わたしはその考えかたに反対しています。遺構の直上に復原建物を建てると、2度と地下遺構がみれなくなる。だから、オークニー諸島のスカラブレーのように、遺構から離れたところに1棟の復原建物を建てるのです。その位置はやはり内堀寄りにして、内堀からの一連の景観要素の一つに加えます。

100129籾倉02縦 こんなことを日々考えているなかで天球丸を訪ね、現場での仕事が終わった後、アリーナの発掘調査がまだ続いていることを知り、飛んでいきました。深掘りトレンチ調査の真っ最中で、弥生や中世の遺物がでるのだそうです。同形の四角いトレンチが規則的に開けられている。事情を聞けば、アリーナの基礎が打ち込まれる部分だというので、仰天。この地は国の史跡として追加指定することを県の文化財保護審議委員会は要請しているのですよ。そのことは承知の上でアリーナを建て、建ててから追加指定をするのだという説明も聞きました。こんな大きなコンクリートの杭基礎を史跡指定予定地に打ち込んでよいのでしょうかね。文化庁は基礎の形式を変えるように指示しているそうです。もっともな指導だとわたしも思います。
 そもそも、こんなにいろんな時代の遺跡がでる場所にアリーナを建ててはいけない。アリーナを建てる場所は別にあるとわたしたちは考えています。その場所も、いずれアシガルが示してくれるでしょう。
 基礎にあたる部分の深掘りを担当する考古学者は辛いでしょうね。深掘りトレンチにRC杭が打ち込まれることがないよう活動せざるをえなくなるかもしれません。

100129天球丸02


  1. 2010/01/31(日) 00:00:07|
  2. 史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<さよなら、シータ | ホーム | ボツになった写真>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2066-1a166e20

asa

06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search