FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

伊予柑マーマレード

01伊予柑ママレド01全景


 昨夜作った金柑ジャム第2弾は好評でございました。前回に比べると、苦みがやや強くなりましたが、それは金柑の風味というべきものです。パンにもクラッカーにもよくあいます。
 で、家族の一人が言うのです。

   「こっちは、マーマレードにするんでしょ?」

   (はぁっ!?)

 彼女の目線は籠に入った伊予柑の皮に向いている。たしかに、昨夜、校正をしながら、伊予柑をたくさん食べたんだけど、剥いた皮をマーマレードにするつもりなどまったくありませんで・・・なぜ、わたしが平福の「道の駅」で伊予柑10個ばかりの袋を買ったのかと言うと、「四国の文化的景観」シリーズの(Ⅱ)を書こうと思っていたからです。その書き出しのフレーズはずいぶん前から次のように決めておりました。

   「伊予柑を食べると(宇和島の)三浦半島を想い出す・・・」

 しかし、このシリーズ第2作を書けないまま時が過ぎ、この週末もまた断念せざるをえませんでした。奈良の家に帰ると、某大著の校正がどさっと届いておりましてね。しかも、今回はわたし自身の執筆担当部分で、どうにもこうにも逃げられません。毎夜、朝まで校正マシーンと化しております。老眼鏡なくして仕事が進まなくなった今日このごろ・・・

01伊予柑ママレド02千切り

 と言いながら、籠にたまった大量の伊予柑の皮をみていると、たしかに捨てるのがもったいなくなってしまいましてね。まず、この皮を煮込みます。湯通しというレベルではなくて、しっかり熱と水分を通さなければいけません。こうしないと、皮の裏側にくっついている白い「綿」がきっちり取れないのです。ご存じのように、「綿」は苦い。この苦さは「風味」などという良質のものではありません。
 「綿」を包丁で剥ぐ作業はやっかいですね。そのあとの千切りもしんどい。正直、ちょっと皮が多すぎた。食べないまま残しておいた伊予柑は2つしかなくて、その実を袋から取り出し、千切りにした皮の一部とあわせてフードプロセッサで攪拌。千切りした皮はたくさん残っていますが、ゲル状のものとあわせて鍋で煮込みます。われらがホカノのグラッパはすでに使い切ってしまったので、今日は白ワインでぐつぐつと。途中、試食したのですが・・・うぅぅぅ、苦いぞ、これは・・・それに千切りした皮の形が崩れなくて、外観は人参の細切り煮込みのようではないか。
 いったん火をとめた。しばらくテレビをみてました。龍馬から行列法律相談所。外務省を辞めてスーダンで働く日本人医師の話には胸を動かされましたね。やればできるんだ、やればできるんだぞ、おい!
 そうこうしているうちに、鍋が冷えたので、鍋の中の7割の具を再度プロセッサに。そして、また鍋に戻し、煮込みを開始。でも、苦みは消えない。ここで良いものをみつけました。息子が買い込んでいたカシスのリキュールがあるではないの。これを惜しげもなく投入して、またとろ火で攪拌しつつアルコールを飛ばしていった。おかげで、ずいぶん苦みは薄らいだ。
 でも、まだ苦いな・・・いや、塩味のクラッカーにつけたらなかなか美味い。
 明日の朝、カリカリのパンとの相性が楽しみだね。

 さて、今夜も校正マシーンです。おやすみなさい。

01伊予柑ママレド03煮込み
↑煮込み攪拌中。完成品ではありません。 

  1. 2010/02/09(火) 00:00:01|
  2. 食文化|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<鳥取城三ノ丸高等学校プロジェクト(Ⅳ) | ホーム | 金柑ジャム>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2077-a1d75f81

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search