FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

国際シンポ「大山・隠岐・三徳山 -山岳信仰と文化的景観」予報(その5)

 1日遅れですが、ハッピー・ヴァレンタイン!
 不況のおり、義理チョコの数は減っているのでしょうか、増えているのでしょうか?
 わたしは母親が特養生活となり、義理チョコ一つ減でございます。

楊鴻先生の来日スケジュールとレセプション

 さて、シンポジウム「大山・隠岐・三徳山 -山岳信仰と文化的景観-」が近づいてきました。シンポジウムは27日ですが、楊鴻先生(中国建築史学会理事長)が奥様の王秀蘭先生を同伴されて24日に来日されます。滞日スケジュールの概要は以下に示すとおりです。とくにご後援いただくメディアの皆様にお伝えしたいのですが、取材は25日の午後~夕方ならば鳥取、26日午後以降は倉吉でお受けいたします。とくに、26日夕方「清水庵」で開催するレセプションにはシンポジウムの講演者・司会者が勢揃いしますので、ぜひこの機会を利用し、親交を深めてください。
 
2月24日(水)CA927便(北京09:20→関空13:20)で来日
         奈良文化財研究所・平城宮跡 
  25日(木) 13:15~鳥取県教育委員会教育長表敬訪問
         14:30~不動院岩屋堂、
            環境大学建築・環境デザイン学科卒業設計展 
  26日(金) 午前:青谷上寺地建築部材視察(秋里分室・青谷支所・展示館)
         午後:打吹玉川重要伝統的建造物群保存地区
         15:00~交流プラザ研修室でシンポ打ち合わせ
         17:30~「清水庵」でレセプション
  27日(土) シンポジウム「大山・隠岐・三徳山-山岳信仰と文化的景観-」
         (10:00~17:00@倉吉未来中心セミナールーム3)
  28日(日) 奈良/大阪に移動
3月 1日(月) CA928便(関空14:20発→北京16:35着)で帰国

 チラシ表 チラシ裏
↑予稿集(左)表紙 (右)裏表紙

チラシ見開き
↑同上p.2-3「楊鴻先生と語る
*クリックすると、画像が拡大表示されます。


*シンポジウムの正式な情報は「続き」に転載しています。


シンポジウム
大山・隠岐・三徳山 -山岳信仰と文化的景観-

 日時  2010年2月27日(土)10:00~17:00
 会場  倉吉未来中心 セミナールーム3 
        〒682-0816 鳥取県倉吉市駄経寺町212-5 倉吉パークスクエア内
 主催  鳥取環境大学 建築・環境デザイン学科
 共催  鳥取県教育委員会
 後援  鳥取県、倉吉市教育委員会、三朝町、三朝町教育委員会、大山町、
     大山町教育委員会、三徳山世界遺産登録運動推進協議会、とっとり建築集団、
     朝日新聞鳥取総局、毎日新聞鳥取支局、読売新聞大阪本社、産経新聞鳥取支局、
     山陰中央新報社、中国新聞鳥取支局、共同通信社鳥取支局、時事通信社鳥取支局、
     日本経済新聞社鳥取支局、新日本海新聞社、NHK鳥取放送局、BSS山陰放送、
     日本海テレビ、山陰中央テレビ、テレビ朝日鳥取支局、日本海ケーブルネットワーク、
     いなばぴょんぴょんネット、鳥取中央有線放送(株)、株式会社中海テレビ放送、
     エフエム山陰

 次第
  10:00 開会挨拶 趣旨説明

 第Ⅰ部 山陰の山岳信仰と建築遺産

  10:10 報告1: 眞田廣幸(倉吉市教育委員会文化財課長)
           「伯耆の山岳信仰」           
  10:50 報告2: 野本覚成(前天台宗典編纂所編輯長・長昌寺住職)
           「慈覚大師円仁が残した山陰の仏教」           
  11:30 報告3: 今城愛・大給友樹(鳥取環境大学浅川研究室)
           「石窟寺院への憧憬 -岩窟/絶壁型仏堂の類型と源流」           
  12:10 昼食

 第Ⅱ部 密教諸山と文化的景観

  13:00 特別講演: 楊 鴻(中国社会科学院考古研究所教授
            ・中国建築史学会理事長・ユネスコ顧問)
           「中国五台山の仏教建築と文化的景観」           
  14:15 報告4: 平澤 毅(奈良文化財研究所遺跡整備室長)
           「文化的景観と世界遺産-『紀伊山地の霊場と参詣道』
            『石見銀山』『平泉』などの事例から-」            
  14:55 報告5: 浅川滋男(鳥取環境大学建築・環境デザイン学科教授)
           「複合遺産としての大山・隠岐・三徳山
            -世界自然遺産ハロン湾との対比を含めて-」           
  15:35 休憩
  15:50 討論・質疑
  17:00 閉会

*シンポジウムに関する質問等は本ブログにメール・アドレス付でコメントしていただければお返事いたします。あるいは下記事務局に直接お問い合わせください。
   
   事務局: 鳥取環境大学 建築・環境デザイン学科 浅川研究室
         (担当:今城・岡垣・大給)

 本シンポジウムの広報は、環境大学HPの「お知らせ」にも掲示されています。

  1. 2010/02/15(月) 00:00:13|
  2. 景観|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<鳥取城三ノ丸高等学校プロジェクト(Ⅵ) | ホーム | 2009年度卒業研究公聴会を終えて>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2085-debae71d

asa

04 | 2020/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search