FC2ブログ

Lablog

鳥取環境大学 環境情報学部 建築・環境デザイン学科 浅川研究室の記録です。

「鳥取学」新装!

 オムニバスの人間形成科目「鳥取学」の取り纏め役を仰せつかってからはや6年目になるのでしょうか。昨年あたりから講師がぼつぼつ変わり始め、今年も辞退者2名がでまして、年度末に交替人事を急ぎました。辞退したくなる気持ちもよく分かります。地方公務員には謝礼をお支払いできないのです。大学側は支給したいのですが、自治体がお断りになる。こういう非常勤講師も「公務」なんだそうです。そうかなぁ???
 今年から大学の講義コマ数も半期15コマになりました。というわけで、オリエンテーションだけでなく、締めの15回目も小生がうけもつことに・・・演題は「大山・隠岐・三徳山 -世界遺産と文化的景観」です。シンポジウムではすべってしまいましたが、深く反省し、学生用の分かりやすいパワポに仕上げる予定です。
 以下、今年度の布陣です。講師の皆様、なにとぞよろしくお願い申し上げます!

--
 第1講: 浅川「鳥取学オリエンテーション -環境と文化の地域学にむけて」
 第2講: 矢野「鳥取の自然Ⅰ -地形」
 第3講: 有川「鳥取の自然Ⅱ -植物」
 第4講: 川上「鳥取の自然Ⅲ -動物」
 第5講: 濱田「縄文・弥生時代の暮らしと社会」
 第6講: 茶谷「地下の弥生博物館 -青谷上寺地遺跡」
 第7講: 中原「古墳から寺院へ」
 第8講: 岡村「戦国時代の鳥取」
 第9講: 大嶋「鳥取藩と城下町」
 第10講: 佐々木「地域モダニズムのかたち -鳥取の場合」
 第11講: 眞田「山岳信仰と仏教美術 -浄土へのあこがれ-」
 第12講: 樫村「民具からみる鳥取の生産と暮らし」
 第13講: 松本「歴史的建造物と町並み」           
 第14講: 張「鳥取地域のまちづくり -過疎地の居住問題」
 第15講: 浅川「大山・隠岐・三徳山 -世界遺産と文化的景観」

  1. 2010/04/13(火) 13:17:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カプセルホテル | ホーム | 鳥取城三ノ丸高等学校プロジェクト(Ⅸ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asalab.blog11.fc2.com/tb.php/2148-b9cd68f9

asa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search